ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 殺人現場を歩く 蜂巣敦 山本真人写真 ミリオン出版 | トップページ | 石垣りん 夜の太鼓 筑摩文庫 »

2005.07.31

赤線跡を歩く 木村聡 自由国民社

繁栄の限りを尽くした赤線も今は昔である。
そんな町の現在の建物の様子を写真に納めている。
東京を中心に大阪、名古屋などの赤線地帯が対象だ。

具体的には吉原、洲崎、品川、千住、新宿、玉ノ井、調布、八王子、立川、松戸、船橋、川崎、横浜、大阪飛田、中書島、枚方、名古屋中村など。
実にうらぶれている。
廃屋のまま手つかずのものもある。
戦後の新築物件より、戦前の中途半端な和洋折衷家屋が多く、いかにも娼館という感じだ。
現在ソープランドに立て替えられた場所は、含まれていない。

トリビア風に解説しておくと、戦前は公娼制度(公的売春制度)があった。
終戦直後はGHQにより、制度が廃止された。
そのため、行き場を失った売春婦や、戦災で生活が出来なくなった女性を中心にして、進駐軍向けに街娼(パンパン)が流行した。
その後、秩序維持のため政府・自治体は日本人向けの赤線・青線を開始する。
赤線は公に認められた売春地域である。
青線は盛り場地域の意味だが、実際は売春が黙認されていた。

その後、市川房枝の尽力により、廃娼運動が盛んとなり、昭和33年3月31日をもって赤線青線は廃止される。(4月1日売春禁止法施行)
とはいえ、トルコ風呂(現ソープランド)に取って代わられただけのところも多い。

ライブドアから再録

« 殺人現場を歩く 蜂巣敦 山本真人写真 ミリオン出版 | トップページ | 石垣りん 夜の太鼓 筑摩文庫 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/5240171

この記事へのトラックバック一覧です: 赤線跡を歩く 木村聡 自由国民社:

« 殺人現場を歩く 蜂巣敦 山本真人写真 ミリオン出版 | トップページ | 石垣りん 夜の太鼓 筑摩文庫 »