ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« Deadly Harvest, Carolyn Walker , Cambridge Univ. Press | トップページ | 三人の妻への手紙 1949 20世紀フォックス »

2005.08.03

実存からの冒険 西研 ちくま学芸文庫

西研は、竹田青嗣の一派(実存主義)に属する在野の哲学者。
東大出。
学者というより解説者と言う方が、ぴたりと来る。

第一章はニーチェを取り上げる。
ルター派の牧師の子に生まれながら、キリスト教批判の急先鋒になった実存主義の哲人であり、45ぐらいで発狂した。
彼の思想は簡単に言うと次の通り。
キリスト教は悪しき平等主義であり、(当時の)ユダヤ人は被害者意識ばかり強く持った、ひねくれ者だ。
真理なんてあるわけないだろう。
人間の生きる意味なんて、他の誰かに決めてもらっても仕方ないじゃないか。
どうせ一度きりの人生なんだから、手作りの価値観を持って、楽しく生きろ。
キリスト教の精神的枠組を突破して、凄い冒険をしてみろ。
そしたら超人と呼んでやるよ。

彼が本来ルサンチマン(恨み辛み)の塊のような人間であった。
そこから脱却し力への意志を求めるために、ひたすら書き続けた。

彼の哲学に相互理解の論点はないと思っていたが、西研によると、さにあらず。
一生懸命頑張ってる人同士は、何も言わなくても分かり合えてるはずだ。

それから民主主義も社会主義も、キリスト教的世界観の枠組の中にある。
非キリスト教的社会主義は、けったいな毛イズムや主家思想のような東洋思想の変形。
あくまで社会主義=マルキシズムといえば、ユダヤ-キリスト体制のなれの果てにすぎぬ。

第二章ハイデッガー。
まず師匠のフッサールの現象学を解説してから、ハイデッガーに移る流れだ。
しかし用語の定義ばかりで読みにくい!
ニーチェと全然違う。
消化不良の欲求不満が残る。
daseinだとか世界内存在など、もっと分かりやすい解説が出来るだろうに。
あるいは、ニーチェと違う点だけ書いてくれれば良かったのではないか。

第三章はヘーゲルだ。
ポストモダンかと思ったが、時代を遡ってしまった。
80年代全盛のポストモダンでは、他者との関係の問題が解けない。
そこで私は国家だと言っているような、ヘーゲルの出番となる。
しかし言葉数が足りない。

読んで面白かったのは、第一章だけだ。
この本は1989年に初版が出ている。その後書いた本はまだ読んでない。
ヘーゲルについて、著者は面白く解説できる人だと思う。

ライブドアから再録

« Deadly Harvest, Carolyn Walker , Cambridge Univ. Press | トップページ | 三人の妻への手紙 1949 20世紀フォックス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/5290951

この記事へのトラックバック一覧です: 実存からの冒険 西研 ちくま学芸文庫:

« Deadly Harvest, Carolyn Walker , Cambridge Univ. Press | トップページ | 三人の妻への手紙 1949 20世紀フォックス »