ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 伝七捕物帖 人肌千両 1954 松竹 | トップページ | 名探偵ポワロ グランドメトロポリタンの宝石盗難事件 LWT »

2005.09.05

武器よさらば 1932 ワーナーブラザーズ

第一次世界大戦のイタリア戦線。
兵士ヘンリーと看護婦キャサリンは運命的な出会いをする。
へンリーが前線に送られて離れ離れになるが、負傷して再び二人は出会う。
彼らは愛を確かめあうが、ヘンリーは再び前線に。
キャサリンのお腹には二人の間の子供がいた。
ヘンリーはキャサリンへ出した便りが返送され、彼女に何かあったのでは、と心配になる。

「武器よさらば」最初の映画化だ。
二回目の主役はロック・ハドソンとジェニファー・ジョーンズ、ビットリオ・デシーカだった。
ジェニファー・ジョーンズの若作りした看護婦姿を思い出す。
IMDBでは5点台の評価で、失敗作ということになっている。


この作品は初めて見る。
1932年当時戦争を知らなかったアメリカ人らしい、能天気で感傷的な作品だ。
「おいおいおい、そんなことぐらいで、脱走するなよ。」と言いたくなった。
第二次世界大戦を経験した連中が作った、二回目の作品の方にリアリティーを感じた。

1910年代から映画で主役を張っていたヘレン・ヘイズはゲイリー・クーパーよりクレジットが先だ。
ヘレン・ヘイズのキャサリン役は小柄だが、色っぽい。

この映画でのゲイリー・クーパーの甘いだけの演技を見て、同じヘミングウェイの「誰がために鐘は鳴る」の主役に抜擢されたのだろうか?
「誰がために鐘は鳴る」は1943年の作だが、この11年の間に彼の演技は大きく変わった。

監督 フランク・ボーゼイジ 
脚本 O.H.P.ギャレット
撮影 チャールズ・ラング
原作 アーネスト・ヘミングウェイ
主演 ヘレン・ヘイズ ゲイリー・クーパー アドルフ・マンジュ

« 伝七捕物帖 人肌千両 1954 松竹 | トップページ | 名探偵ポワロ グランドメトロポリタンの宝石盗難事件 LWT »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/5801874

この記事へのトラックバック一覧です: 武器よさらば 1932 ワーナーブラザーズ:

« 伝七捕物帖 人肌千両 1954 松竹 | トップページ | 名探偵ポワロ グランドメトロポリタンの宝石盗難事件 LWT »