ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 名探偵ポワロ グランドメトロポリタンの宝石盗難事件 LWT | トップページ | 旗本退屈男 謎の幽霊船 1956 東映 »

2005.09.08

鶴八鶴次郎 1938 東宝東京

大正年間、鶴次郎(長谷川一夫)は新内の太夫、鶴八(山田五十鈴)は三味線の名コンビ。
鶴次郎は鶴八に惚れていたが、鶴八は鶴次郎の師匠の娘とあって、鶴次郎が注意しても決して折れることはない。
そういう彼女の気の強さに二の足を踏んでいた。
それでもとうとうある温泉宿で鶴次郎は気持ちを打ち明け、一緒になって二人で寄席を買おうと話し合う。
鶴八は亡き母の遺産だといって、金を工面するが、その金は実は旦那からのものだった。
そのことを知って、鶴次郎はぶち切れてしまう。
コンビは解消になり、鶴八は旦那の正妻に迎えられる。
しかし2年後、鶴八鶴次郎の復活を求める声が大きくなる。


まあ、鶴次郎が鶴八に惚れたけれども、結局手に負えないじゃじゃ馬だったので、あきらめたということだろう。

出だしは脚本がしょぼくてどうなることかと思ったが、三島雅夫が登場した当たりから、大人の芝居になってきた。


山田五十鈴は、やはり凄い人だ。
当時の大スター長谷川一夫とクレジット順位が変らないのだもの。
それに当時は美人だった。

それから忘れてはならない二人。
PCL映画の華・大川平八郎清川玉枝が出ていた。
個性的な演技を楽しませる。

配役:
鶴次郎   長谷川一夫(太夫)
鶴八   山田五十鈴(三味線)
佐平   藤原釜足(マネジャー)
松崎   大川平八郎(旦那)
竹野   三島雅夫(興業主)

監督  成瀬巳喜男
脚本   成瀬巳喜男
原作   川口松太郎
撮影 伊藤武夫

« 名探偵ポワロ グランドメトロポリタンの宝石盗難事件 LWT | トップページ | 旗本退屈男 謎の幽霊船 1956 東映 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/5851390

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴八鶴次郎 1938 東宝東京:

» 「鶴八鶴次郎」〜・・・・・泣けます! [お茶の間オレンジシート]
1938年(昭和13年)日本監督・脚本/成瀬巳喜男原作/川口松太郎出演/長谷川一夫 山田五十鈴 藤原鎌足   大川平八郎 三島雅夫男の太夫、女の三味線という鶴八(山田五十鈴)鶴次郎(長谷川一夫)は、人気絶頂の新内だった。幼い頃から十数年兄妹同様に育ってきた二...... [続きを読む]

« 名探偵ポワロ グランドメトロポリタンの宝石盗難事件 LWT | トップページ | 旗本退屈男 謎の幽霊船 1956 東映 »