ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 女が階段を上る時 東宝 1960 | トップページ | 元近鉄・オリックス監督仰木彬氏の死を悼む »

2005.11.28

山の音 東宝 1954

川端文学の映画化である。
川端康成は好きな作家だ。
しかし文体の美しさで読ませる人だから、映画化はいつも難しい。
この映画も成瀬監督は父と嫁の関係にフォーカスを当てて、余計なものは捨象している。
それでうまくいったであろうか?

息子役の上原謙は父役・山村聰の一つ年上である。
山村聰の老け役がうまいのか、上原謙が永遠の青年なのか、
しかし成瀬監督の配役は当たっている。

嫁役の原節子はピタリである。
長岡輝子、小姑中北千枝子も父の手前、つらく当たれないけれど、子供を産まない嫁を小ばかにしてる点は、良く出ていた。

家庭内の人間関係は完全なのだが、長編小説をはしょりながら、急ぎ足でゴールに向かって行くと、どこかで足がもつれる。
脚本の失敗だと思う。

原作のもう一つのテーマ・老醜を映画では切り捨てているが、現代ではこちらの方が大きな問題である。

杉葉子が暗そうな秘書役を好演している。
なくなった角梨枝子も、上原の愛人役でちょっとだけ顔を出した。
丹阿弥谷津子が二人をつなぐ戦争未亡人の役。

監督 : 成瀬巳喜男
製作 : 藤本真澄
原作 : 川端康成
脚色 : 水木洋子
撮影 : 玉井正夫

« 女が階段を上る時 東宝 1960 | トップページ | 元近鉄・オリックス監督仰木彬氏の死を悼む »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/7360212

この記事へのトラックバック一覧です: 山の音 東宝 1954:

« 女が階段を上る時 東宝 1960 | トップページ | 元近鉄・オリックス監督仰木彬氏の死を悼む »