ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005.12.16

元近鉄・オリックス監督仰木彬氏の死を悼む

ドケチな会長、社長の下でほんとうにご苦労様でした。

野球に興奮できたのは、95,96年のオリックス・リーグ連覇が最後でした。
同級生の野村監督には日本シリーズで敗れたが、1つ下の長嶋監督には見事に勝った。
現代によみがえった三原マジックには神戸市民も大いに勇気づけられました。
その活躍は日本だけにとどまらず、門下生が大勢、大リーグへ送り込まれたのも特筆すべきことです。
今後、阪神岡田監督以外にも弟子たちが球界を背負っていくことでしょう。きっと伝統は受け継がれていきます。

ただ、野球人生最後の年を悪役で終わらせたくはなかった。
ファンのことを大切にする人だから、今期にはいって、気苦労が絶えなかったでしょう。
それが病状を悪化させたのではないかと考えます。

景気が良くなってきて、オリックスを含めた、勝ち組の社長たちは増収増益で喜んでいますが、こういう犠牲の上に成り立っていることを忘れてはなりません。

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »