ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« なぜエヴァンズに頼まなかったか 1980 LWT | トップページ | エーミールと探偵たち 2001 独逸 »

2006.09.24

ナイチンゲールの屍衣 1984 Independent TV

英国の巨匠P.D.ジェームズ女史原作のアダム・ダルグリッシュ警視シリーズをドラマ化したもの。
前後編それぞれ二時間で見た。
本国では50分の全5回だったようだ。
原作を読んでいないため、先が読めず、なかなか見応えがあった。

共産圏への密輸絡みの殺人事件があり、その事件の容疑者ディテンジャーが入院した。
事情聴取のためダルグリッシュが訪れた目前で、看護学生が毒殺される。
彼女はディテンジャーを看護していたのだ。
警察は根深い陰謀を察知する。
やがて二人目の看護学生も犠牲になる。


アガサ・クリスティーの原作ではないので、ストレートに犯人は決まらない。
僕も二人目が殺されたところで、容疑者を絞っていくと、○○が怪しいなと気づいた。
しかし最後に、ちょっとしたどんでん返しがあった(^^ゞ

なかなか渋い作品だ。欧米での評価も高い。(CWA賞受賞)
ミステリ・ファンは必見。

主演
ロイ・マースデン(ダルグリッシュ警視)
エレノア・デビッド(看護学生ファロン)
デボラ・フィンドレイ(看護学生ピアス)

« なぜエヴァンズに頼まなかったか 1980 LWT | トップページ | エーミールと探偵たち 2001 独逸 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/12017981

この記事へのトラックバック一覧です: ナイチンゲールの屍衣 1984 Independent TV:

« なぜエヴァンズに頼まなかったか 1980 LWT | トップページ | エーミールと探偵たち 2001 独逸 »