ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 指輪の爪あと 1971 ユニバーサル | トップページ | 笑う警官 マイ・シューヴァル&ペール・ヴァールー著 高見浩訳 角川文庫 »

2006.12.31

顔 1957 松竹

松本清張先生の映画化第一作だそうだ。

☆ネタバレ

原作は倒叙型推理小説(刑事コロンボのようにはじめに犯人を読者に知らせておいて、探偵がそれを明らかにするプロセスを楽しむもの。)である。
男が女を田舎で殺すが、第三の人物に顔を覚えられたのではないかと不安に感じ、第二の殺人を計画する。

それがどうだろう。映画では犯人役が岡田茉莉子である。
女の細腕で(今では貫禄豊かな彼女も当時は、冷たい感じのするスレンダー美人だったのだ。)連続殺人なんてできるだろうか?
せっかく清張さんが作り上げた筋書きが、破綻しまくっている。
清張さんも映画化第一作ということで、言いたいことを言えなくて、監督のやりたいがままに任せている。

この作品を見ると、これ以後、清張さんが口を出す原作者になったのは頷ける。

出演
大木実 (石岡三郎) 殺人事件の証人
岡田茉莉子 (水原秋子) モデル。殺人事件の犯人
笠智衆 (長谷川刑事) 東京へ出てきて事件を追う田舎刑事
森美樹 (江波彰) 野球選手。秋子の恋人
宮城千賀子 (三村容子) 秋子の先輩
佐竹明夫 (小島刑事) 警視庁刑事。長谷川刑事の良き理解者
松本克平 (石渡部長刑事) 警視庁。長谷川刑事をはじめは馬鹿にしているが。
千石規子 (久子) 飲み屋の女将。秋子の理解者。
小沢栄 (加倉井) 容子のパトロン。
山内明 (飯島哲次) 第一の被害者、にらまれただけでなぜか死んでしまう。
細川俊夫 (牧野)
内田良平 (前田記者)

監督 大曾根辰夫
原作 松本清張
脚色井手雅人 瀬川昌治
撮影石本秀雄
音楽 黛敏郎

« 指輪の爪あと 1971 ユニバーサル | トップページ | 笑う警官 マイ・シューヴァル&ペール・ヴァールー著 高見浩訳 角川文庫 »

コメント

突然で申しわけありません。現在2006年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票に御参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.mirai.ne.jp/~abc/movieawards/kontents/index.htmlです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/13273917

この記事へのトラックバック一覧です: 顔 1957 松竹:

» 顔 松本清張作 江守徹朗読 [昭和懐音堂 (Those were the days!)]
岡田茉莉子主演映画「顔」を見たので、久しぶりに朗読の方も聞きたくなった。 松本清張朗読傑作集(CD18枚組)東芝EMIファミリークラブ発売から。 俳優志望の男が妊娠した恋人を殺し、東京へ出奔する。しかし映画俳優としてチャンスを掴むにつれ、殺害前に顔を見られた男のことが気になってならない。ついにはその男を呼び出し殺害をもくろむが。 自意識過剰な犯人の悲喜劇だ。 俳優だから、自分が目立っていると思いこ�... [続きを読む]

« 指輪の爪あと 1971 ユニバーサル | トップページ | 笑う警官 マイ・シューヴァル&ペール・ヴァールー著 高見浩訳 角川文庫 »