ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007.01.29

李香蘭私の半生 山口淑子・藤原作弥著 新潮文庫

ドラマや劇団四季のミュージカルでお馴染みの、李香蘭半生記だ。

中国生まれの日本人山口淑子が、満映の中国人女優・李香蘭として抜擢される。
彼女は親日的な満州映画だけでなく、日本映画でも大活躍する。
しかし終戦後、上海で囚われ漢奸裁判(親日派の中国人が裁かれた。)の被告になる。
自分は日本人の山口淑子であることを告白して、罪を許される。

ドラマよりも抑えめの表現である。
個人的なことより、周囲の満州に関わった人のその後がショッキングだった。
撫順事件では、イラクでのアメリカ軍と同じ事を、関東軍がやっていたことを思い知らされる。
居残り軍は、どこの国も同じだ。
欲求不満の塊で、ゲリラの抵抗に対してその何十倍も報復をする。
被害を受けるのは、非戦闘員とくに罪のない女子供だ。

李香蘭とソ連のボルシェビキが、関係していたのには驚かされた。
ボルシェビキのおかげで、山口淑子が助かったと言っても過言ではない。

川島芳子や満州皇室との関係も興味深い。
内田吐夢監督は、甘粕正彦満映理事長(もと憲兵大尉、甘粕事件の犯人)の自殺の現場に立ち会っていたのも初めて知った。

山口淑子は日本国籍を持ってはいても、その心は中国人である。
日本のような狭い国では、じっとはしていられない。
戦後、帰国してからアメリカへ渡った。
二度の結婚後、女優を引退しても「三時のあなた」の司会として世界各国を飛び回った。
日中国交正常化の現場に立ち会ったり、赤軍派の重信房子(当時海外逃亡していた)と会見した。
あげくに参議院議員にまでなってしまった。

かなりバタ臭い美人だったため、女優としては好きではなかったが、「三時のあなた」の司会としては扇千景より好きだった。


2007.01.27

女優ベスト150 文藝春秋編 文春文庫

10年以上前の古本である。
アマゾンマーケットプレイスで買った。
業界の有名人から無名な一般人にまでアンケートを採って、日本と世界の映画女優それぞれ上位75名を取り上げている。

日本人のトップは、昭和20年代に活躍した久我美子だった。
当時60歳ぐらい。今は70歳ぐらいの人を中心にしたアンケートだろう。
続いて2位高峰秀子、3位吉永小百合、4位原節子、5位桂木洋子

桑野通子市川春代も上位に入っている。
彼女らに投票した人は、今は80歳代か。

松竹の有田紀子(「野菊のごとき君なりき」)や、東宝の杉葉子(「青い山脈」)など、(失礼な言い方だが)一発屋美女も上位に食い込んでいる。
女優は男優と違い、一本でも大ヒット映画に出ていれば、印象に残る。
(杉葉子は後に成瀬巳喜男作品など、いろいろな名作に出ている。)

俺の好きな芦川いづみは6位。
浅丘ルリ子が17位、北原美枝が20位だから、目の確かな人が多い。

世界編では、フランス女優がもてもてだ。
1位がフランソワーズ・アルヌール、3位がコリンヌ・ルシェール、5位がアナベラ
6位がアヌク・エーメ、7位がマリナ・ヴラディ、8位がダニエル・ダリュー
ベストテンの内、6人がフランス系だ。

なお他には、2位オードリー・ヘップバーン、4位イングリッド・バーグマン、9位ビビアン・リー。
純粋なアメリカ人は10位のゲイル・ラッセルだけ。

この世代は、フランス映画ファンが多いとわかる。
フランスは第二次大戦中にドイツの傀儡政権ができて、日本の同盟国とみなされていた。
戦中派は、そんなフランス映画を愛した。

僕の好きなアメリカ女優テレサ・ライトは13位に入っている。
似たタイプのディアナ・ダービンも17位に入っている。
当時のアメリカ映画ファンは、ロリコンだった(笑)


2007.01.23

わたしの渡世日記(下)高峰秀子 文春文庫

上巻に続き、終戦後からフランス逃亡を経て、高峰秀子が結婚する昭和30年までのお話。

昭和24年ごろの写真はなまめかしい。
色気づいたのであろう。
実際つきあってた人が、いたようだ。

折り合いの悪い義母や、恋人と別れたくなり、「カルメン故郷に帰る」の撮影が終わるやいなや、フランスへ一人で旅立つ。
すっかり日本での生活を清算したかにみえた。
しかし日本に帰るや、また仕事仕事の毎日。

三十歳までに結婚したいと焦っていた。
木下恵介「二十四の瞳」の撮影で知り合った、松山善三と仲良くなり婚約する。
成瀬巳喜男監督「浮雲」の撮影が終わると、質素な結婚式を挙げた。

これが女優の筆致か。
うますぎる。
ちょっと自虐的で、照れ隠しで舌を出している。
彼女の演技その物だ。
女優の自伝として読み始めたが、いくらでも読み続けていたい本だ。

映画化してくれないだろうか。
何とかお願いしたい。

わたしの渡世日記(上) 高峰秀子 文春文庫

高峰秀子の自伝的エッセイ(戦前編)である。
高峰ファンが読んで楽しむのは当然だ。
そうでない人も、当事者が語る映画史として読むと、かなり楽しめる。

高峰ファンならよく知ってる通り、彼女はクールな人である。
涙なんて、この人には似合わない。
その人格形成がいかになされたかも、この本からわかり、実に興味深い。


高峰は北海道の出身である。
しかし東京に養子に出される。
東京の養母の家も裕福ではなかった。

そこで松竹の子役に応募したら、見事合格してしまう。
人気子役になった彼女は、東海林太郎夫妻から養子に欲しいと求められる。
数年間共に暮らすが、結局彼らの溺愛を受け入れられず飛び出してしまう。
松竹時代は田中絹代に可愛がられる。
しかし養母と松竹の折り合いが悪かった。

宝塚へ入ろうかと思った時期もあったが、1937年藤本真澄の誘いで東宝へ移籍する。
東宝では黒澤明に淡い恋心を抱くが、スターと助監督の恋が実るわけはない。

戦争末期、慰問で軍を訪ね、「同期の桜」を歌う。
目の前で共に歌った若い兵隊は、特攻隊として散っていった。

彼女がいかに爺さんのアイドルだったかは、有名人とのエピソードでわかる。
谷崎潤一郎に新村出を紹介され、お宅へ伺うと、広辞苑の編者は部屋中に彼女のグラビアやポスターを貼り付けていたそうだ。

2007.01.06

チムニーズ館の秘密 アガサ・クリスティ 高橋豊訳 早川文庫

アンソニー・ケイドは、友人の書類を届けることで、まさかこんな国際的陰謀に巻き込まれるとは思っても見なかった。
何者かがヘルツェスロバキアの王政復古を阻止しようとして、彼の書類を奪ったのだ。
スコットランドヤードとフランス警察は力を合わせて、チムニーズ館に国際的陰謀の主を追い詰める。しかし、この館には秘密が隠されていた。


なぜかドラマ化されない「チムニーズ」
バルカンの問題もあったのだろうが、あれはいつものことで仕方がない。
場所をどこかに移して、見切り発車してよい時期ではないか?

原作は1925年の話で、クリスティの人物描写がのちの時代ほどではなく、怖くも何ともないディクソン・カーを読んでいるような気にさせられる。

しかしこんな場合、脚本はかえって自由に作りやすいと思う。(名文だとやりにくい。)
犯人も(ファンには見え見えだが)一応「意外」だし、二枚目役はかっこよく扱えるし、美女は美しく扱える。

これを見ている英仏の映画ドラマ関係者、この企画を動かしませんか(笑)
もしかしたら新ミス・マープルが企画を立てているかもしれない。


2007.01.04

満潮に乗って アガサ・クリスティ 恩地美保子訳 早川文庫

メロドラマ風の連続(?)殺人劇。
途中から登場する、エルキュール・ポワロがあっさり解決する。

今回、BSで放送されなかったが、すでに本国では放送されており、日本でも吹き替え済だと思われる。
原作を未読だったので、早速読んでみた。

大富豪ゴードン・クロードが戦時中に死亡し、莫大な遺産を若き未亡人が相続した。戦後、後ろ盾としてのゴードンを失った弁護士や医師らクロード家の人々は、まとまった金の必要に迫られ窮地に立たされていた。“あの未亡人さえいなければ”一族の思いが憎しみへと変わった時・・・戦争が生んだ心の闇をポアロが暴く。(ハヤカワ文庫より)

これを見ると「犬神家の一族」かと思われる。
金に困ったからと言って、すぐ計画殺人を思いつくだろうか。
と思っていたら、実際、事件もその方向に進んでいった。

犯人が誰かは、クリスティ・ファンなら見え見えだ。
元気で無邪気な主人公リン・マーチモントがラストであっさり心変わりするのも、いつものことである。

原作がどうであれ、出来は脚本次第である。
ドラマ化にあたっては、デビッド・ハンター役をどれだけ魅力的に演ずるかがポイント。

写真を見る限り、チョイ悪ハンター役のエリオット・コーワンはなかなか二枚目のようだ。
リン役以外にはアイルランド系美人で、薄幸の未亡人ロザリーン役も気になる。
BBCの写真を見る限り、凄い美人である。

「配役的には」なかなか楽しめそうだ。

準レギュラーであるスペンス警視がドラマに役名そのまま(リチャード・ホープ演ずる)で出ている。
スペンス役は、この人に固定するかもしれない。

有名どころでは、アデラ・マーチモント役でジャニー・アガター(「鷲は舞い降りた」で可哀想なヒロイン、他に「チャイルドプレイ2」など)が出ている。

2007.01.03

笑う警官 マイ・シューヴァル&ペール・ヴァールー著 高見浩訳 角川文庫

ウォルター・マッソー主演映画「マシンガンパニック」(1974)の原作である。
英国の探偵ものではなかなか見られない、スウェーデン警察組織もののベストワンだ。

出版社の紹介文である。

ベトナム反戦デモが荒れた夜、放置された一台のバスに現職刑事を含む八人の死体が! 
史上初の大量殺人事件に警視庁の殺人課は色めき立つ。アメリカ推理作家クラブ最優秀長編賞受賞の傑作。

アメリカ映画の細かい筋は思い出せないのだが、最後がずいぶん違ったと思う。
ベトナム戦争を苦しむアメリカと、修正社会主義国スウェーデンの違いだろう。
残念ながら、映画は失敗している。

これだけでなく、エド・マクベインの87分署ものは、映像化すると、失敗する。
うまくいったのは、黒澤明の「天国と地獄」ぐらいのものだ。
映画の場合、スターを目立たせなくてはいけないために、集団主義はうまくいかないのか。

原作を読んで思ったことは、高見浩の好訳もあるが、非常に読みやすい。
有能で個性的な刑事群像が、実に楽しい。

オリジナルはスウェーデン語である。
訳は英訳書を、高見浩が日本語訳している。


« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »