ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« チムニーズ館の秘密 アガサ・クリスティ 高橋豊訳 早川文庫 | トップページ | わたしの渡世日記(下)高峰秀子 文春文庫 »

2007.01.23

わたしの渡世日記(上) 高峰秀子 文春文庫

高峰秀子の自伝的エッセイ(戦前編)である。
高峰ファンが読んで楽しむのは当然だ。
そうでない人も、当事者が語る映画史として読むと、かなり楽しめる。

高峰ファンならよく知ってる通り、彼女はクールな人である。
涙なんて、この人には似合わない。
その人格形成がいかになされたかも、この本からわかり、実に興味深い。


高峰は北海道の出身である。
しかし東京に養子に出される。
東京の養母の家も裕福ではなかった。

そこで松竹の子役に応募したら、見事合格してしまう。
人気子役になった彼女は、東海林太郎夫妻から養子に欲しいと求められる。
数年間共に暮らすが、結局彼らの溺愛を受け入れられず飛び出してしまう。
松竹時代は田中絹代に可愛がられる。
しかし養母と松竹の折り合いが悪かった。

宝塚へ入ろうかと思った時期もあったが、1937年藤本真澄の誘いで東宝へ移籍する。
東宝では黒澤明に淡い恋心を抱くが、スターと助監督の恋が実るわけはない。

戦争末期、慰問で軍を訪ね、「同期の桜」を歌う。
目の前で共に歌った若い兵隊は、特攻隊として散っていった。

彼女がいかに爺さんのアイドルだったかは、有名人とのエピソードでわかる。
谷崎潤一郎に新村出を紹介され、お宅へ伺うと、広辞苑の編者は部屋中に彼女のグラビアやポスターを貼り付けていたそうだ。

« チムニーズ館の秘密 アガサ・クリスティ 高橋豊訳 早川文庫 | トップページ | わたしの渡世日記(下)高峰秀子 文春文庫 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/13627369

この記事へのトラックバック一覧です: わたしの渡世日記(上) 高峰秀子 文春文庫:

« チムニーズ館の秘密 アガサ・クリスティ 高橋豊訳 早川文庫 | トップページ | わたしの渡世日記(下)高峰秀子 文春文庫 »