ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

ウェブページ

« 慎重な証人の冒険 エラリー・クイーン 1976 | トップページ | 外套と短剣 1946 ワーナー »

2007.03.05

怪獣王ターガン ハンナバーベラ 1967

1969年頃日本で放送された、ヒーローアニメ。
これがハンナバーベラのヒーロー系では、一番面白かった。

原始時代のようなコスチュームだが、自家用円盤を乗り回している。
宇宙からやってくる、敵と対決するSFである。
原始家族フリントストーンより放映が9年遅く、宇宙家族ジェットソンより7年遅かった。
両者からインスパイアを受けたのだろう。

英語名では"Herculoids"というそうだ。

日本名と英語名の対照。
怪獣王ターガン (声:浦野 光、ウルトラマンのナレーター)KING ZANDOR
マーミ(瀬能 礼子 、スプーンおばさん) TARRA
ケーン(沢井 正延) DORNO
マリュー ZOK,the lazer dragon
タングロー THUNDRO,the rhinoceros
ヒューヒュー(立壁 和也、ジャイアン) GLOOP,the blob
ポーポー (加藤 修) GLEEP,the blob
リキラ IGOO,the rock

守備面では鎧をかぶった、サイのタングローがデフェンスバックを好演していた。
しかし、このドラマの影のヒーローは、伸縮自在のヒューヒューとボーボーである。
頭が良すぎる。

バビル二世は、このアニメを参考にしたという噂がある。
(ロデム-ヒューヒュー、ロプロス-マリュー、ポセイドン-リキラ。ついでに言うとバビル二世=ミスター念力か(笑))

日本人はタングローみたいな、ディフェンス専門のキャラを作らない。
アメリカンフットボールが流行ってないからだろう。

この頃の声優は超豪華。
敵の声優にWけんじや榎本健一が名を連ねている。

« 慎重な証人の冒険 エラリー・クイーン 1976 | トップページ | 外套と短剣 1946 ワーナー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怪獣王ターガン ハンナバーベラ 1967:

« 慎重な証人の冒険 エラリー・クイーン 1976 | トップページ | 外套と短剣 1946 ワーナー »