ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 愛犬 松本清張 新潮CD | トップページ | GOLDEN☆BEST/ステージ101 ヤング青春の日々 »

2007.04.30

家紋 松本清張 新潮CD

女性の三大朗読家は、市原悦子、岸田今日子と奈良岡朋子である。
朗読の条件は、同性異性ともに、いくつかの声色を使い分けられること。
さらに、地の文(ナレーション)が読めること。
これらの要件を揃えているのは、この三人である。

その中でも最高峰をゆくのが、市原である。
癖は強いが、味もある。

この家紋は、その市原の朗読である。
北陸の寒村での既に時効になった、夫婦虐殺事件を遺された娘が追う。

滅多に殺人事件が無いところでは、たまにそう言うことがあっても迷宮入りになる。
浄土真宗本願寺派(うちの宗派だ。)の共同防衛本能が、犯人を隠してしまうのだ。
ひょんなことから曹洞宗のお寺で、解決の足がかりが見えてくる。

この作品派、初めて聞いただけでは、面白くも何ともない。
だいいち、市原の得意技である、男性の台詞が少ない。
女性の台詞も少ない。
ナレーションばかりだ。

しかし何度か聞いているうちに、噛めば噛むほど味が出てくる。
市原朗読「巻頭句の女」も最初は大した作品ではないと思った。
何度か聴くうちに、じわっとしみ出してくるものがある。
作品の魅力と言うより、市原の魅力で聞き込んでしまう。

ちなみに「家紋」は15年前、日テレで若村麻由美主演でドラマ化された。
おそらくクレームが付いて再放送不可能になった。
「日蓮宗系新新宗教の花嫁(現在未亡人)」が、真宗批判のドラマに主演していたとは奇遇である。

脚本家大野靖子は手直しして、3年前に岸本加世子で再ドラマ化している。
テレ東系で放送され、視聴率は同局の二時間ドラマで史上一位だったそうだ。
ちなみに岸本加世子は創価学会員である。

仏教界のドロドロを見るようだ。

(懐音堂から転載)

« 愛犬 松本清張 新潮CD | トップページ | GOLDEN☆BEST/ステージ101 ヤング青春の日々 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/14851961

この記事へのトラックバック一覧です: 家紋 松本清張 新潮CD:

» 市原/市原 [京都のセフレ]
セフレとの濃厚な時間を過ごしたい!? それには、当たり前だけど、まずはセフレと出会う必要があります! 実は出会い系サイトはセフレゲット率がめちゃめちゃ高いって知ってましたか!? マジでスゴいですよ…。本当かどうか、あなた自身で確かめてください! 無料サイ...... [続きを読む]

« 愛犬 松本清張 新潮CD | トップページ | GOLDEN☆BEST/ステージ101 ヤング青春の日々 »