ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 松田聖子(1980年デビュー) | トップページ | いしだあゆみ »

2007.05.05

「セリー主義」 DG (現代音楽)

グラモフォンの「20世紀の遺産」シリーズのCDだ。
中身はオムニバスだ。
ポリーニ、アバド、BPOの現代音楽三羽烏の寄せ集めである。

まずポリーニのブーレーズ・ピアノソナタがあって、アバド指揮のノーノの歌付きパーカション二曲、BPOのシュトックハウゼンが作った3重オケ曲「グルッペン」という具合。
奏者は現代音楽を専門としている(古典をやるのは生活のため)だけに、安心して聞ける。

この手の音は数年前聞いたときは、かえって古いと思ったが、今はどうだろうか。
再び「不安な時代」だけにぴったりの気がする。

音質については、セリーの原理(音の高さ、音の強さ、音の長さ、音のアタック感を指定する)からしても、もっと良くしなければ駄目である。
とくにパーカッションの音楽は、CDでの再生は、無理。
たとえばSACDが現代音楽にぴったりなのに、なかなかどこもやってくれないのは残念。
ようやく最近、DGなどクラシックレーベルが参入してきたので、今後に期待したい。

(転載)

« 松田聖子(1980年デビュー) | トップページ | いしだあゆみ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/14862786

この記事へのトラックバック一覧です: 「セリー主義」 DG (現代音楽):

» 大金を本当に、稼いでしまったんです。 [今後の人生を楽しく 過ごしてみませんか!]
たった一回の人生です 後悔するような人生は送らないでください 夢は自分が頑張れば必ず実現出来るのです そのためには自分に少しだけ投資をして下さい そして自分で少しだけ努力をして下さい。 [続きを読む]

« 松田聖子(1980年デビュー) | トップページ | いしだあゆみ »