ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« ピンキーとキラーズ | トップページ | 赤毛連盟 (心尽) »

2007.05.26

ペンデレツキ 管弦楽曲集 EMI(2枚組)

「トーンクラスター」の総帥ペンデレツキ、70年代の自作録音。
「広島の犠牲者への哀歌」が入っているお得盤。
この曲は誰が聞いても、阿鼻叫喚を感じるが、実は絶対音楽であり、話題になるように後からタイトルを付けたらしい。

トーンクラスターとは、音の塊、すなわちオクターブ全ての音を出すような「騒音」の類のこと。
恐怖や惨劇、破滅をイメージしていて、ポスト・セリー音楽と言われた。
しかし、誰がやっても同じように聞こえるのが、損なところであり、トーンクラスターは流行らなくなってしまった。
祖国ポーランドの解放後、ペンデレツキ先生は、最近は指揮者としてもお忙しく、その破天荒な指揮ぶりは、一聴に値する。

トーンクラスター音楽を聴いていると、ホラー映画のBGMにぴったりで、「サイコ」や「鳥」などのバーナード・ハーマンのヒッチコック映画に出てきそう。
というか、ハーマンの方が先のような気もする。

ちょうど、鳥や虫が大量発生したときの、騒音が近い。
(「エクソシスト」や「サスピリア」なんて、これから比べると柔らかすぎる。)
20世紀は映像の世紀と言われるが、本当にそうだと思う。
映画が無ければ、こんな音楽も、認知されなかっただろう。

« ピンキーとキラーズ | トップページ | 赤毛連盟 (心尽) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/14962326

この記事へのトラックバック一覧です: ペンデレツキ 管弦楽曲集 EMI(2枚組):

» ハーマン厳選サイト一覧 [ハーマン情報館]
ハーマンのリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 [続きを読む]

« ピンキーとキラーズ | トップページ | 赤毛連盟 (心尽) »