ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 森進一と川内康範 | トップページ | 浅田美代子(1973年デビュー) »

2007.05.23

熊井啓監督が死去

好きな監督ではなかったが、それでも惜しい人を亡くした。
黒木和雄監督(「祭りの準備」、戦争レクイエム三部作)とは同じ年である。
二人とも、もう少し作品を撮ってもらいたかった。

映画「海と毒薬」の熊井啓さんが死去 社会派監督

ウィキペディア・熊井啓

« 森進一と川内康範 | トップページ | 浅田美代子(1973年デビュー) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/15175536

この記事へのトラックバック一覧です: 熊井啓監督が死去:

» 古典映画 吉永小百合 キューポラのある町 [古典映画 吉永小百合 キューポラのある町 ]
古典映画吉永小百合 1962年映画「キューポラのある街」15歳の中学生ジュン(吉永小百合)は高校へ進学したいけど、鋳物職人の父親・辰五郎(東野英治郎)が勤めていた工場が買収されクビになり、働きながら定時制高校へ通える大工場へ就職しようと決意する。...... [続きを読む]

» 古典映画「第三の男」 オーソンウェルズ [映画「第三の男」 オーソンウェルズ ]
映画情報 「第3の男」私のベスト3作品オーソウェルズ・ジョセフコットン・アリダバリを忘れることが出来ません夜のオーストリーの街角でサーチライトに一瞬照らし出されたハリー(第3の男のオーソウェルズ)の不敵な笑みを、これを書きながらでも目の前に見えます。この映画の一番のシーンは、ラストアンナ(アリダ・バリ)がハリーの埋葬を終わって、まっすぐ歩いてきて好意を寄せるホリーを無視して通り過ぎるシーンでしょう「第二次大戦直後、廃墟になったウィーンにアメリカ人の作家ホリー(ジョセフ・コット...... [続きを読む]

» 古典映画 日本映画1964年「砂の女」ほか [古典映画 日本映画1964年「砂の女」ほか ]
古典映画 「砂の女」は実験映画 それより「飢餓海峡」主人公岡田栄二は砂漠に新種のハンミョウを採集しに向かうが、砂漠の中の村で寡婦岸田今日子が住む家に滞在するように勧められる。村の家は一軒一軒砂丘に掘られた蟻地獄の巣にも似た穴の底にあり、はしごでの...... [続きを読む]

« 森進一と川内康範 | トップページ | 浅田美代子(1973年デビュー) »