ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« サントラ「アンダーグラウンド」1995 | トップページ | 雪村いずみの泉正宗マンボ »

2007.05.31

東洋と西洋 長岡京室内アンサンブル インポート・ミュージック・サービス

久々にクラシックのCD新譜を聞いて興奮した。
アンサンブルの響きが特殊である。
何度か聞かないと、判定は下せないが、面白い。
基本になる配列はコントラバスが中央にいて、チェロが両翼にいる。
斉藤秀雄の弟子である森悠子先生の指導である。

http://www.cem-musicdojo.org/

ペルト(「受難曲」で有名な現代作曲家)、武満徹の弦楽アンサンブルから始まり、ピアソラのピアノと室内楽のための作品やバーバーの曲、さらに小学生でも知っている「ふるさと」、最後はニューマン(ミケランジェリの弟子らしい)の92鍵ベーゼンドルファーのピアソラとバラエティに富んでいて実に楽しい。
ポピュラーと現代音楽が素晴らしいマッチングである。

なおこの作品はCDとSACDステレオ、SACDマルチチャンネル5.1chのハイブリッド盤である。
SACDマルチで、この響きを聞いてみたいものだ。
しかしCDでも巧みにホールトーンを取り込んでいる。
ホールの大きさや舞台とマイクの距離など、わかってしまう録音である。
CDにはちょっと高いけれど、その値打ちはある。

長岡京室内アンサンブル〜東洋と西洋

こんな名盤が2年経って、多くのCD屋では欠品のようだ。
HMVでは扱っていた。

« サントラ「アンダーグラウンド」1995 | トップページ | 雪村いずみの泉正宗マンボ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/15136264

この記事へのトラックバック一覧です: 東洋と西洋 長岡京室内アンサンブル インポート・ミュージック・サービス:

« サントラ「アンダーグラウンド」1995 | トップページ | 雪村いずみの泉正宗マンボ »