ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« ペンデレツキ 管弦楽曲集 EMI(2枚組) | トップページ | クセナキス 「クセナキス」 エラート(ワーナー) »

2007.05.26

赤毛連盟 (心尽)

佐々木健の朗読ポッドキャストブログで聞いた。

佐々木健は達者な声優さんだ。
声色が豊富で聞きやすい。
やはりクレイは、こういうキャラクタなのだな。

彼がミステリに読んでくれたことに、感謝したい。
童話とは違い、マニアでない限り、ミステリを二度読みする人が少ないので需要が少ない。
それを、あえて挑戦してくれた。

この作品自体は非常に有名だが、若干ラストのバランスが悪いように思われる。
新潮社のオーディオドラマ(小川真司主役)だと、その辺を考えてラストはさらりと流している。
(追記・・時計を計ると。ドラマ版の方がわずかにラストの謎解きは長かった。印象と実際の時間が食い違っていた。)
でも久々にオリジナルを聞くのも良いではないか。
それぐらい良い朗読ドラマになっているのだ。

翻訳の難点は、シャーロック・ホームズがウィルソン氏に対して、スポルディングがいつから店に勤めているかと、尋ねる段だ。
"how long had he been with you?"
"About a month then."
これを単に
「一ヶ月ぐらい前ですな。」
で済ませている。
青空文庫の底本がそうなっているから仕方がないのだが。

実際は、ウィルソン氏が赤毛連盟で働くようになった八週間前の、さらに一ヶ月前だと言いたいのだ。
訳は、だいたい「その一ヶ月ぐらい前です。」となっているようだ。

なお、パッケージ版が発売された。
こちらは再録音再編集したもののようだ。
試聴したが聞きやすくなっていた。

赤毛連盟


現在、彼はホームズ第二弾としてコナン・ドイルの「暗号舞踏人の謎」を読んでいる。
つまり「踊る人形」である。
あれは絵が必要だから、朗読は難しいと思っていた。
佐々木健のチャレンジスピリットに今後も期待したい。

と懐音堂には書いたが、最近彼はミステリを読んでいないようだ。
残念である。

« ペンデレツキ 管弦楽曲集 EMI(2枚組) | トップページ | クセナキス 「クセナキス」 エラート(ワーナー) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/15209898

この記事へのトラックバック一覧です: 赤毛連盟 (心尽):

» ブルガリ 時計 [ブルガリ 時計]
ブルガリの時計。歴史と流行を常に意識したデザインがブルガリの時計です。だから、ブルガリの時計はいつまでも飽きがこないんです。 [続きを読む]

« ペンデレツキ 管弦楽曲集 EMI(2枚組) | トップページ | クセナキス 「クセナキス」 エラート(ワーナー) »