ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 70年代アイドル特集 | トップページ | ちょんまげ天国 -TV時代劇音楽集- ソニー 2002 »

2007.06.15

ショスタコビッチ 交響曲5番 ロストロポービッチ+LSO SACD 5.1ch

2004年・ロンドン交響楽団のライブ録音。
音は格段に良い。
しかしロストロポビッチ+ワシントンナショナル交響楽団の82年録音と比べると、全然つまらない。

ダイナミックレンジは拡大されている。
第三楽章の弱い音は82年録音より、かなり小さく聞こえる。
第四楽章は82年録音よりスローでわかりやすい。
しかし迫力がない。

LSOは管楽器が得意な、吠えるオケだ。
吠えているのだが、音が整いすぎて物足りない。
SACD故の欠点か?
逆に言えば、破綻が無く、オーディオ的には安心して聞けるのだ。

ロストロポヴィッチも老けた。(と思ったら亡くなった。)
なおこれは、ロンドン交響楽団直販のレーベルである。
SACD時代には、もはやレコード会社のリマスタリングを信用していないのか。
それとも自分たちの取り分だけの問題だろうか?

Rostropovich conducts "Tea for Two".

« 70年代アイドル特集 | トップページ | ちょんまげ天国 -TV時代劇音楽集- ソニー 2002 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/15153940

この記事へのトラックバック一覧です: ショスタコビッチ 交響曲5番 ロストロポービッチ+LSO SACD 5.1ch:

« 70年代アイドル特集 | トップページ | ちょんまげ天国 -TV時代劇音楽集- ソニー 2002 »