ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

ウェブページ

« LOVE&HONEY(キューティーハニー)と前川陽子 | トップページ | ラウンジプリミエール オムニバスCD »

2007.06.24

ブラームス・ピアノ協奏曲1番ニ短調 ルービンシュタイン、フリッツ・ライナー、CSO, SACD

マーキュリー・リビングステレオを、RCAがSACD化した。
以前はDVD/SACD Playerを持っていたのに、ハイブリッド盤はCDでしか鳴らなかった。
今回のプレーヤーはSACD対応なのだが、SACD Surround しか聞けない。
結局SACD STEREO を聞くことは出来ていない。

このSACD Surround が2chマスターなもので、やはり2chなのだ。
いったいステレオと2chサラウンドと何処が違うのか?
人に尋ねると、たしかに両者は違う音源とのこと。
(のちにPMX300でもSACDのレイヤー切り替えなどは可能だとわかった。ただし右手の不自由な人間にとっては非常に使いにくいキー配列だ。)

おろしたての、307PM-1 は最初から凄い音がしていた。
低音が巨大になったり、右チャンネルからバイオリンがやたら大きく聞こえたり、いったい音像が何処にいるのか、と思ったり。
それが一週間経って少しは人の聞ける音に近づいてきた。

(懐音堂から再掲示)

Beethoven piano concerto no 4 Rubinstein

« LOVE&HONEY(キューティーハニー)と前川陽子 | トップページ | ラウンジプリミエール オムニバスCD »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« LOVE&HONEY(キューティーハニー)と前川陽子 | トップページ | ラウンジプリミエール オムニバスCD »