ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« ユーライア・ヒープ 「対自核(Look at Yourself)」1971 | トップページ | 長岡京室内アンサンブル スークとドボルザーク SACD5.1ch »

2007.06.04

ドボルザーク・チェロ協奏曲 シュタルケル、ドラティ、LSO SACD-3.1ch

307PM-1、8日目である。
マーキュリーリビングステレオの復刻SACD。
3chマスターなので、センターチャンネルからソリストの音が鳴る。

シュタルケルと言う人は特徴はないのだが、逆に癖がない方が、この曲の場合、成功している。
他ではカザルス・セルのEMI盤(モノラル)はまるで早口言葉のような気がする。
デュプレ・チェリビダッケも熱演だが、彼女のエルガーの名演と比べると、イマイチぴんと来ない。
ロストロポビッチ・カラヤンは、全く詰まらなくて売ってしまった。
ピアチゴルスキ・ミュンシュが、今まで持っていた中で印象深い。
変に色をつけない方が、ちょっと臭い曲の場合、うまくいくと思う。

センターチャンネルの効果だが、リアチャンネルが鳴っていないため、限定的である。
つまらない2chシステムよりは3chの方がマシだが、高価な2chシステムには確実に負けている。
このシステムは音像が甘い。

今回も大音量で周囲の迷惑も考えずに鳴らした。
時おりスピーカーがひいひいと泣き出す。(歪んだ音を出す。)


(懐音堂)

« ユーライア・ヒープ 「対自核(Look at Yourself)」1971 | トップページ | 長岡京室内アンサンブル スークとドボルザーク SACD5.1ch »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/15138723

この記事へのトラックバック一覧です: ドボルザーク・チェロ協奏曲 シュタルケル、ドラティ、LSO SACD-3.1ch:

« ユーライア・ヒープ 「対自核(Look at Yourself)」1971 | トップページ | 長岡京室内アンサンブル スークとドボルザーク SACD5.1ch »