ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« サントラ 「永遠と一日」 ECM 1999 | トップページ | 岡本正「北鎌倉」(1975) »

2007.06.09

彼岸花 里見とん 講談社文庫

久しぶりに読んだ。
高校以来だろうか。

小津安二郎の映画「彼岸花」を小津、野田高伍とともに、里見が参加して企画を作った。
小津と野田は脚本を仕上げ、里見がそれをノベライズしたのだ。
今なら珍しくもないが、当時としては話題になったろう。

映画と小説は細部で違っているが、ハッピーエンドはどちらも同じである。
父(平山)の物わかりは小説の方が良い。
だから小説は短編小説だ。
映画は、ちょっと長かった。

話のスピードは非常に速い。
脚本を元にしているから、場面転換が速い。
場面が変わると、ずいぶん話は進んでいる。

小津は、のちに里見の「秋日和」も映画化した。

ライブドアから転載。

« サントラ 「永遠と一日」 ECM 1999 | トップページ | 岡本正「北鎌倉」(1975) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/5844775

この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸花 里見とん 講談社文庫:

« サントラ 「永遠と一日」 ECM 1999 | トップページ | 岡本正「北鎌倉」(1975) »