ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 刑事魂(デカコン) VA ビクター | トップページ | ユーライア・ヒープ 「対自核(Look at Yourself)」1971 »

2007.06.03

長岡京室内アンサンブル デビュー SACD5.1ch

使用機器は307PM-1、エイジング一週間済んだ時点のもの。
SACD5.1ch Surround で聞いた。楽団の配列は自然なものだ。
演奏はなかなかのものである。
日本人離れしている。

まずヘンデルの合奏協奏曲、モーツァルトのアイネ・クライネ・ナハトムジーク、さらにバルトークのディベルティメント、シベリウスのロマンスだ。
このバンドの実力を見る上でわかりやすい、カタログ的な選曲である。
バロックだけに偏ってない、という意味だろう。
神戸の朝日会館で録音されている。
なじみの会館だが、こんなに音がよかったかな?
モーツァルトは速めの演奏だが、はつらつとして楽しい。
バルトークは好みが分かれるだろう。

307PM-1のおかげでサラウンド効果は感じられた。
反射音があると、すこし立体感が出る。

しかし、目の前で演奏してる風には聞こえない。
体の回りをスクリーンで覆われているのだが、そのスクリーンに音像が張り付いている感じがする。
映画のDVD音声には向いているが、音楽のマルチチャンネルにはこの程度では弱い。
エイジングがさらにすすめば変わると思う。


(懐音堂)

« 刑事魂(デカコン) VA ビクター | トップページ | ユーライア・ヒープ 「対自核(Look at Yourself)」1971 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/15138715

この記事へのトラックバック一覧です: 長岡京室内アンサンブル デビュー SACD5.1ch:

« 刑事魂(デカコン) VA ビクター | トップページ | ユーライア・ヒープ 「対自核(Look at Yourself)」1971 »