ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

ウェブページ

« ハンス シュミット-イッセルシュテット ブラームス全集 | トップページ | 驟雨 吉行淳之介 新潮CD »

2007.07.03

ペルト ヨハネ受難曲 ナクソス盤

キリストの受難を描いた作品は数多くあれど、バロック時代、宗教改革後のプロテスタントとくにバッハを我々は思い浮かべる。
20年前、つまり1980年代に作曲されたアルヴォ・ペルトの作品はバッハの受難曲とはスタイルが違い、中世やルネサンス風のコラールを多用していて、女声も入ってくる。
現代のヒーリング音楽のようでもある。
こういう受難曲もあったんだと知り、音楽に対する見方が大きく変わった。


作者はエストニアからの亡命音楽家。
ロシア教会の影響が強く出ている。
しかしラフマニノフの教会音楽とも違うようだ。

« ハンス シュミット-イッセルシュテット ブラームス全集 | トップページ | 驟雨 吉行淳之介 新潮CD »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペルト ヨハネ受難曲 ナクソス盤:

« ハンス シュミット-イッセルシュテット ブラームス全集 | トップページ | 驟雨 吉行淳之介 新潮CD »