ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« フランキー・レイン | トップページ | サルサ女性歌手 La India »

2007.08.23

ジェラシーの作曲家ヤコブ・ガーデ(1869-1963)

なくなったフランキー・レインも録音していた「ジェラシー」は有名な曲だが、意外にその作曲家は知られていない。

ところが、次のページを見つけた。
それによると、この曲が作られた事情は次のようである。

このコンチネンタル・タンゴの名曲は、デンマークの著名な音楽家によって1920年代に作曲された。

当時ガーデは、渡米してニューヨーク・フィルでの演奏活動の後、再び祖国デンマークへ帰国し、劇伴音楽の作曲などをしていた。
そしてある日、新聞に載っていた、夫が嫉妬から妻を殺した事件にインスパイアされて、この曲を思いつく。

はじめは"Jalousie"というフランス語の題名であった。(英語圏以外ではこの方が有名である。)
アメリカでは「ドンQ(怪傑ゾロの息子)」(1925)というダグラス・フェアバンクス(父親の方だ。)主演の無声映画の音楽に採用され、ヒットした。当時は映画館が映画音楽の生演奏をつけていたのだ。なお、英語による作詞はVera Bloomによる。

タンゴなのに、デンマーク人がアメリカでヒットさせたとは、思ったより国際的背景を持つ曲だ。

ジーン・ケリー、フランク・シナトラとトム&ジェリーの共演で話題となった「錨を上げて」(1945)でキャスリン・グレイソンがこの歌を唄っている(オリジナルサウンドトラック所収)が、このときは"Jealousy"という英語の題名になっていた。

その後、Frankie Laineの歌唱でリバイバルし、その後も世界中で何十年と演奏され続けている。
また、日本では漣健児が詞を付けている。

ようつべでは、クラシック風にアレンジされたものがアップされている。

オーケストラ
ギター・ヴァイオリン・チェロのトリオ演奏
アコースティックギターのソロ

そして中でも多いのが、アイスダンスの音楽だ。
アイスダンスSP

Kathryn Graysonの歌は典型的なタンゴ(iTMSで試聴可能)だが、手持ちのFrankie Laineの歌(ベスト盤)は今風のアレンジがされている。
1950年代の彼の録音は昔風のタンゴだったのではないかな。

Anchors Aweigh

Jezebel: The Best of Frankie Laine

« フランキー・レイン | トップページ | サルサ女性歌手 La India »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/15277085

この記事へのトラックバック一覧です: ジェラシーの作曲家ヤコブ・ガーデ(1869-1963):

« フランキー・レイン | トップページ | サルサ女性歌手 La India »