ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 映画音楽大全集 City of Prague Philharmonic /iTMS | トップページ | 空軍大戦略 二つのオリジナルサウンドトラック »

2007.08.15

千の風になって 秋川雅史 新井満訳詞

(一月に懐音堂掲示)

クラシック歌手秋川雅史(テノール)が、この歌ではじめてオリコン総合チャートで一位になった。
紅白でキムタクに朗読してもらったのが良かったのだろう。世代を超えてヒットしている。

千の風になって

クラシック歌手が国民的人気を誇るとは、藤原義江以来の快挙ではないか!
彼の場合、最近のトレンドである、イタリアのアンドレア・ボッチェリやフィリッパ・ジョルダーノの乗りとは少し違う。
でも今後も子供や年寄りが安心して聴ける音楽を提供して、JClassicをさらに盛り上がってもらいたいものだ。

訳詩を書いたのは、あの新井満だ。
電通マンとして、昭和52年自ら歌うカネボウのCMソング「ワインカラーのときめき」(作詞阿久悠、作曲森田公一)をベストテンに放りこんだかと思うと、昭和63年には芥川賞(受賞作「尋ね人の時間」)をゲットした才人である。

小説は読んでいないが、歌の方は良く口ずさんだものである。
新井も、読むと実はくさい詞を見事に歌って切っていた。

最近、新井は不思議な朗読「青春とは」を発表していた。
「千の風になって」も自ら歌っていたが、少し泥臭かった。
かつての天才もチョットずれたかなと思ってしまった。

それがどんどん秋川雅史はじめ競作になってしまう。
とくにクラシック系の歌唱が存分に詞の魅力を発揮していて、人々の心をとらえている。
やはり新井満は天才だ。

どこが魅力なのだろうか?
死んだ側になって考えればわかる。
「私のお墓の前で 泣かないでください そこに私はいません 眠ってなんかいません」
誰も墓場みたいなあんな狭いところに押し込まれていたくない。

自分も少し大きな手術をしなければいけない身になって、はじめて「詞」の意味が分かった。いや、「死」の意味が分かったというべきか。

なお、新井満のCMソング「ワインカラーのときめき」は次のCDに入っている。

Belle~カネボウ・ヒット・ソングス

その後、本当の作詞者は誰か、権利はどうなっているのだ?と言う問題が起きたが、ブームが去り、問題も同時に消えた。
終って考えることは、新井満は商売人だということ。

« 映画音楽大全集 City of Prague Philharmonic /iTMS | トップページ | 空軍大戦略 二つのオリジナルサウンドトラック »

コメント

「死んだ側になって考えればわかる」--印象的でした。たしかこの詞は新井氏の前に似たような訳詞が
あったはず。新井氏があまりに商売人なのはひっかかる。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/15268152

この記事へのトラックバック一覧です: 千の風になって 秋川雅史 新井満訳詞:

» 秋川雅史さんの「千の風になって」 [気になる最新ニュース速報]
秋川雅史さんの「千の風になって」がとうとう100万枚のセールスを越えたそうですね。このところ「千の風になって」をテーマにしたドラマがシリーズで放送されるにつけ、さらにセールスが伸びたんでしょうね。秋川雅史さんの「千の風になって」の歌がテーマ音楽になっていて、がんで死んでしまう母親を演じた黒木瞳さんのドラマや上野動物園のゾウとのドラマを反町隆史さんが、そしてはだしのゲンと千の風シリーズが一挙に放送されました。 わたしもこの「千の風になって」をテーマにしたドラマを見ましたが、すべて死んでいく人たちが残... [続きを読む]

» 秋川雅史 千の風になってのご紹介です! [秋川雅史 最新情報!!]
秋川雅史 千の風になって秋川雅史 CD 【威風堂々】 送料無料 2005/9/21発売 ○神が授けた奇跡の歌声…テノールの貴公子、秋川雅史が贈るクラシカル・クロスオーバー第2弾 ○千の風になって収録アルバム。 ○2005年09月21日発売 【... [続きを読む]

« 映画音楽大全集 City of Prague Philharmonic /iTMS | トップページ | 空軍大戦略 二つのオリジナルサウンドトラック »