ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« FM01 クラシック専門のインターネットラジオ局 | トップページ | In a Silent Way--- Miles Davis Sony, SACD 5.1ch »

2007.08.18

狂気 ピンクフロイド SACD 5.1ch

一度、時計が四方八方から鳴り出すのを聞いて見たいと思っていたが、実際に聞くと、大したことはなかった。
言わずと知れた現代音楽的なプログレの名盤である。クラシックやジャズの要素をふんだんに取り込んでいる。
エレキギターのアナログ多重録音なのに、多少キンキンする。オリジナルテープはよほど音が良いのか。それとも歪みが酷いのかな。

またロック系のマルチ再生は5.1ch必要か?昔のマトリックスサラウンドの4.1chで十分ではないか。五方向から音が出ている必要はないし、5.1chのいびつな五角形である必要はないと思う。映画に合わせるために、そうなってるんだけど、音楽を楽しむためにはスピーカーが一個無駄だと思う。

« FM01 クラシック専門のインターネットラジオ局 | トップページ | In a Silent Way--- Miles Davis Sony, SACD 5.1ch »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/15268277

この記事へのトラックバック一覧です: 狂気 ピンクフロイド SACD 5.1ch:

« FM01 クラシック専門のインターネットラジオ局 | トップページ | In a Silent Way--- Miles Davis Sony, SACD 5.1ch »