ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 複音ハーモニカ1 | トップページ | Understand の語源 »

2007.10.18

オールディーズ名曲五連発

オーティス・レディング死後の名曲「ドック・オブ・ザ・ベイ」(1968)
Ottis Redding - ( Sittin' On ) The Dock Of The Bay
綴りは正しくはOtisです。消される恐れがあるので、わざと間違えているのでしょうか?
画像の意味もようわからん。

次も名曲、ママス・アンド・パパス「夢のカリフォルニア」(1966)。
前の曲と違い、カリフォルニアの離れた野郎が故郷を懐かしんでいる歌です。
Mamas and the Papas on Hullabaloo
当時はゴーゴー喫茶のノリで聞かれていたことがわかります。

次も世紀の名曲、「花のサンフランシスコ」スコット・マッケンジー(1967)
Scott McKenzie - "San Francisco"

サイモンとガーファンクルで、「コンドルは飛んでいく」
simon & garfunkel - el condor pasa
今はなき名馬エルコンドルパサーに捧げます。
知らない間にポール・サイモンは禿げています。

時代は突然下って、「マイシャローナ」(1979)
The Knack "My Sharona"
この曲を聴くと、思い出すことがあります。

1979年、商店街でこの曲がかかっていた時、子どもの頃からの友人とばったり再会しました。
彼は野球部のキャプテンで凄く、もてました。
それがそのときは、彼女を連れていました。
その娘も昔から知っていた子でした。
目立たない地味な子だったので、意外な組合せでした。
彼は僕と目を合わせると、気まずそうな顔をしました。

彼女が彼のマイシャローナだったわけです。
しかも、十人十色と知った瞬間でした。

« 複音ハーモニカ1 | トップページ | Understand の語源 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/16750587

この記事へのトラックバック一覧です: オールディーズ名曲五連発:

« 複音ハーモニカ1 | トップページ | Understand の語源 »