ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« アル・スチュアート イヤー・オブ・ザ・キャット | トップページ | グラスルーツ 真夜中の誓い »

2007.10.13

ザ・リリーズ 初恋にさよなら

夕張市出身の双子である。
1975年、14才で歌手デビューした、
双子を得意とするナベプロ出身だ。

芸能界ズレしていない素朴で清楚な雰囲気が愛された。
二曲目の「好きよキャプテン」で、早くもブレーク。

初期の名曲を紹介する。
ザ・リリーズ、初恋にさよなら

お色気が出てきた、80年代になって人気は下降してしまった。
大人のアイドルへ脱却できなかったのだ。

2005年頃から、懐メロ番組などで復帰を模索していた。
夕張市の財政再建問題と関係あるんだろうか?
当時の番組から。
好きよキャプテン


このときの声の状態では、まさか復活するとは思ってなかった。
そのころの感想文だ。

昔よりはるかに美人ではないか!スレンダーだし。しかし声はずいぶん低くなった。まあ、これは仕方がない。年をとっても妹・真由美ちゃんの方が好きだな。お姉ちゃんは子供が3人もいるそうだ。
いやあ、年齢的にも俺とあまり変らないではないか。それにしても妹は美人過ぎるぞ。心配になってきた。幸せなんだろうか?姉のように、子育てで苦労して、ぼろぼろになっても、幸せなら結構なんだが。
彼女たちがアシスタントで出てきた「ズバリ!当てましょう」を覚えている。司会は泉大助。(泉大八ではない。)

しかし年末には、レッスンを重ねブランクを取り戻した上で、本格復帰してしまった。

2006年には、久しぶりにCDを発売。
ナベプロから離れたと思ったが、ザ・ピーナッツのナンバーを懐メロ番組で歌っていた。

最近のライブから。
ザ・リリーズ 二人の愛が始まる

2007年は、新曲CDを発売する予定だそうだ。
いくつになっても世間は、美人を放っておかない

公式サイトはこちら。

彼女たちの復活の道のりを見ていると、自分も病気だからと言って弱ってばかりいないで、がんばらなくっちゃ、と思う。
いつまでも美しく、がんばって歌いつづけてほしい。

« アル・スチュアート イヤー・オブ・ザ・キャット | トップページ | グラスルーツ 真夜中の誓い »

コメント

なにわのスズランさん、コメントありがとうございます。
デビューしたての頃は可愛かったけれど、80年代に20才過ぎた頃から、変わってしまったなあ、と感じていました。

しかし、再デビューしてからの活躍は地味ながら驚かされます。
http://ameblo.jp/lilies-blog/entry-10149652436.html
40にもなってNHKにミニスカートで出てくるなんて、普通できませんよ。
東京や北海道ローカルが多いようですが、関西でもお姿を拝見したいものです。

はじめまして。昨日、NHK歌謡コンサートにリリーズのお二人が出演。『好きよキャプテン』を歌っていました。

確かに声質は往時と比べると低くなってますね。しかしめっちゃ綺麗でした。アイドル当時の面影を残しつつも、ムンムンと漂う大人の色香。。私は新鮮なショックを受けましたよ。

リリーズのナンバーでは 『すずらんの花』、『いじわる時計』、『オレンジ マーマレード』が私のお気に入りです。復刻盤CDも出ていますし、今後もピュアで可憐なお二人から目が離せませんね‥(*^o^)/♪寒いわ〜寒いわ〜恋に木枯し〜\(^-^*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/16741254

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・リリーズ 初恋にさよなら:

» 双子&三つ子ママの妊娠・出産・育児 [子育て・育児の相談駆け込み寺]
妊娠・出産・育児に関する本でも双子や三つ子に関する本は [続きを読む]

« アル・スチュアート イヤー・オブ・ザ・キャット | トップページ | グラスルーツ 真夜中の誓い »