ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 1997桜花賞回顧3 | トップページ | 1997桜花賞回顧4 »

2007.12.01

マイ・ファニー・ヴァレンタイン

アメリカンアイドルの優勝者が熱唱する、「マイファニーバレンタイン。」
Melinda Doolittle - My Funny Valentine
なんと1937年の唄である。それなのに、ちっとも古くない。
君は美人じゃないけど、それでもそのままで変わらないでいてくれ、という唄。
これを美人ではない歌手が唄うと、リアリティが増す。


お次はチェット・ベイカーの渋すぎる歌唱。
Chet Baker in Tokyo ' 87 - My Funny Valentine


やはりシナトラが一番だ。
frank sinatra - my funny valentine
動画がないのが残念。


次はいつもながらおっさんのような声のサラ・ボーン。
Sarah Vaughan - My Funny Valentine+From this moment on
続けて、「フロム・ディス・モーメント・オン」も歌っています。


ますます趣味の世界に走って行きます。
ジム・ホールとミシェル・ペトルチアーニのデュオです。
Jim hall & Michel Petrucciani duet play My Funny Valentine
ミシェルのリリカルなピアノに注目。


最後はもっと渋く、キース・ジャレット・トリオ。

30万アクセス、どうもありがとうございました。
ここまで生きていられるとは思ってもいませんでした(笑)

« 1997桜花賞回顧3 | トップページ | 1997桜花賞回顧4 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/17243017

この記事へのトラックバック一覧です: マイ・ファニー・ヴァレンタイン:

« 1997桜花賞回顧3 | トップページ | 1997桜花賞回顧4 »