ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« アンテナAN-12が届いた。 | トップページ | BOSE QuietComfort3 とBCL »

2008.04.29

奥さまは名探偵 2005 フランス

原題だと、Mon petit doigt m'a dit..., と言う。
直訳は「指が私に言ったのよ・・・」だが、仏和辞典によると「第六感」の意味だ。

アガサ・クリスティ原作「親指のうずき」の原題、By the pricking of the thumb(シェークスピア「マクベス」の台詞らしい) と意味は近いけれども、「マクベス」フランス語訳でもこう言ったのかな。

原作では、「NかMか」以来久々に登場のおしどり探偵トミーとタッペンス夫婦が活躍する。
しかし映画ではフランス名、ベリゼールとプリュダンスに変わっている。
少し冗長に感じられた原作だが、映画では展開は速い。


ベリゼール(トミー)とプリュダンス(タッペンス)は、もはや孫のいる身だ。
ベリゼールの叔母が養老院で亡くなり、二人は遺品を引き取りにいく。
プリュダンスは遺品の中の風景画に見覚えがあった。

その絵は叔母が亡くなる前に、ある老婦人から譲り受けていた。
その老婦人は誘拐されてしまう。
プリュダンスは老婦人とその風景画の場所を求めて、旅に出る。

主役のカトリーヌ・フロって、「奇人たちの晩餐会」しか見ていないが、
なかなか、かっこいいおばさんだ。
フランス最高の女優ザビーネ・アゼマには敵わないが、ジュヌヴィエーヴ・ビュジョルド(Geneviève Bujold)とはいい勝負だった。

入院しているシーンで彼女が歌っているシャンソンの題名をど忘れしてしまった。
大好きな曲なのだが。


監督・脚本:パスカル・トマ
脚本:ナタリー・ラフォーリー、フランソワ・カヴィリオーリ
撮影:ルナン・ポーレ
出演:カトリーヌ・フロ(「女はみんな生きている」)
アンドレ・デュソリエ(「恋するシャンソン」「アメリ」)
ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド(「まぼろしの市街戦」「1000日のアン」「大地震」「コーマ」、ハリウッドでも活躍した。)
ヴァレリー・カプリスキー(「ブレスレス」「私生活のない女」)
ローラン・テルジェフ
アレクサンドラ・スチュワルト

« アンテナAN-12が届いた。 | トップページ | BOSE QuietComfort3 とBCL »

コメント

TBありがとうございました。
おお、カトリーヌ・フロ、『奇人たちの晩餐会』に出てましたっけ。
『地上50cmの恋心』も見ようと思いつつ、ちょっと劇場鑑賞が追いつかないです・・。

トラックバックありがとうございました。
そうそう。カトリーヌ・フロ、いい感じの女優さんですよね。新しい作品があると、気になります。
私のblogでは、うっかり「カロリーヌ」と書いていました。トラックバックいただいて間違いに気づきました。重ねてありがとうございました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22870/41036214

この記事へのトラックバック一覧です: 奥さまは名探偵 2005 フランス:

» #193.アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵 [レザボアCATs]
現在公開中('07年12月現在)の『ゼロ時間の謎』がとても面白かったので、同じパスカル・トマ監督の、他アガサ・クリスティー作品をピックアップしてみた。 [続きを読む]

» アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵(フランス) [映画でココロの筋トレ]
早い時間から上映だった「アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵」を観ました。 早起き、つらかった~ ( → 公式HP  ) 出演:カトリーヌ・フロ 、アンドレ・デュソリエ 、ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド 、ヴァレリー・カプリスキー 上映時間:105分... [続きを読む]

« アンテナAN-12が届いた。 | トップページ | BOSE QuietComfort3 とBCL »