ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008.04.29

奥さまは名探偵 2005 フランス

原題だと、Mon petit doigt m'a dit..., と言う。
直訳は「指が私に言ったのよ・・・」だが、仏和辞典によると「第六感」の意味だ。

アガサ・クリスティ原作「親指のうずき」の原題、By the pricking of the thumb(シェークスピア「マクベス」の台詞らしい) と意味は近いけれども、「マクベス」フランス語訳でもこう言ったのかな。

原作では、「NかMか」以来久々に登場のおしどり探偵トミーとタッペンス夫婦が活躍する。
しかし映画ではフランス名、ベリゼールとプリュダンスに変わっている。
少し冗長に感じられた原作だが、映画では展開は速い。


ベリゼール(トミー)とプリュダンス(タッペンス)は、もはや孫のいる身だ。
ベリゼールの叔母が養老院で亡くなり、二人は遺品を引き取りにいく。
プリュダンスは遺品の中の風景画に見覚えがあった。

その絵は叔母が亡くなる前に、ある老婦人から譲り受けていた。
その老婦人は誘拐されてしまう。
プリュダンスは老婦人とその風景画の場所を求めて、旅に出る。

主役のカトリーヌ・フロって、「奇人たちの晩餐会」しか見ていないが、
なかなか、かっこいいおばさんだ。
フランス最高の女優ザビーネ・アゼマには敵わないが、ジュヌヴィエーヴ・ビュジョルド(Geneviève Bujold)とはいい勝負だった。

入院しているシーンで彼女が歌っているシャンソンの題名をど忘れしてしまった。
大好きな曲なのだが。


監督・脚本:パスカル・トマ
脚本:ナタリー・ラフォーリー、フランソワ・カヴィリオーリ
撮影:ルナン・ポーレ
出演:カトリーヌ・フロ(「女はみんな生きている」)
アンドレ・デュソリエ(「恋するシャンソン」「アメリ」)
ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド(「まぼろしの市街戦」「1000日のアン」「大地震」「コーマ」、ハリウッドでも活躍した。)
ヴァレリー・カプリスキー(「ブレスレス」「私生活のない女」)
ローラン・テルジェフ
アレクサンドラ・スチュワルト

2008.04.25

アンテナAN-12が届いた。

室内に伸ばして、早速BCLラジオICF-SW7600GRにつないだ。

1800過ぎから、9525kHz「インドネシアの声」らしい局を聞いた。
2100から、ここで日本語放送をやる筈だから、たぶん合っていると思う。
でも音楽が多くて、トークの言語が聞き取れない。
どうやら東南アジア系の促音が聞こえる。インドネシア語かなあ。
民族音楽は今や、どの国も同じポップスに聞こえる。

やはり鉄筋では、アンテナは外に出さなければいけない。
AN-12 を屋外に放り出した。
さっきまで聞こえなかった954kHzTBSが
ようやくSINPO=44343まであがってきた。
しかし、しばらくすると、ぱったり聞こえなくなった。

数年前までTBSは、関東局でもっとも良く聞こえていたのだ。
それが、ニッポン放送や文化放送どころか、ラジオ関東以下になってしまった。
おそらく、設備更新をけちっているのだろう。
受信不可報告書って書いたらどうなるだろう。

インドネシアの声日本語放送を21時半から(放送は2100-2200JST)30分間聞いた。
SINPO=23332〜43333程度か
今日はずいぶん流ちょうな日本語レポートだった。日本人アナがいたようだ。
何か、医者についての話だった。
音楽を挟んで、50分頃からニュース。
担当はインドネシア人女性に変わり、日本語がわかりにくい。
ASEANの五カ国会議の話題だけは、聞きとれた。
ステーションコールもはっきり聞こえた。

久しぶりに聴くから、アンテナの性能か、ラジオの性能か、よくわからない。
よく聞こえる状態で、ラジオだけで聴いてみたら、少し感度が落ちたが、雑音も減った。
SINPO=33433

一方、TBSは完全に内蒙古局(?)に食われている。
22時台は、SINPO=23322が精一杯。
数分すると、モンゴル語(?)になってしまう。

かつての「夜とも」ファンとしては、実に悲しい。
俺の三雲孝江ザ・青春を返してくれ〜!


ICF SW7600GR

ICF-SW77を人にあげてしまってから、久しい。
ところが、世の中ではおじさんのBCLブーム再来である。
早速、最近のマニュアル本を入手して復習だ。

山田耕嗣御大が仙人になっていた(笑)
我慢できず、この本で取り上げているSonyのBCLラジオ、ICF-SW7600GRを購入した。

デジタル機であり、同期検波なので、周波数を合わせると何秒かしてキューンと鳴って、同調する。

家全体が、デジタルノイズまみれなので、ノイズがひどい。
これは仕方がない。

乾電池をうまく使って、雑音を減らすしかない。

一旦BCLにはまってしまうと、ずぶずぶと深入りしてしまう。
昨今評価の高い、中国製ラジオと比較してみたくなった。
とくに短波の感度では、Sonyを上回るらしい。
もちろん、感度ばかり強くても混変調を起こしては仕方がない。
フィルタの選択度では、おそらくSonyが勝るのだろう。
中波やFMの感度でもSonyが勝っているようだ。slate


2008.04.14

NHKテレビ語学講座

英語以外の今期の語学講座第一回と第二回を、ビデオで見た。

ロシア語は再放送だ。
アナスターシャや小林恵美に変わるタレントを調達できなかったのだろう。
でも正解だと思う。無理に新放送を撮る必要はない。heart01

アラビア語も再放送。
師岡エルサムニーは、相変わらず知的美人だ。
芸能界唯一のアラビア通・柳家花緑は、いったい何年間アラビア語を学んでいるのか。pig


他の言語は今年からの新放送である。
タイトルも「テレビで○○語」と、変わった。
それぞれ見ていこう。


フランス語・・二人の講師が文法と発音を分担しているのだが、気に入らない。
男の先生(文法担当)は必要ない。
Jessyは、色気むんむんでいいのだが・・rain

ドイツ語・・出演陣の演技力は期待できないのだから、芝居仕立ては止めた方がいいと思う。
ドイツ人女性ユリアーネさんもいまいち。
イケメン・夏目ナオキを目当てにする、奥様族をターゲットにしているだろう。
でもそういうおばちゃんが、ドイツ語を学ぶ気になるかなsad

中国語・・結婚を前にして、小池栄子のやる気が感じられない。
スキットに出てくる中国人俳優も全く気に入らない。
しかし、ローラ・チャンが可愛いから、すべて許す。happy01

ハングル・・第一回からモデルのノーマ(一応、日本側のタレント)がふてくされていて、全くやる気を感じさせない。
何かあって、すねているのか。
すると早速、第二回から修正が入った。
彼女の台詞が突然、佐賀弁(?)になった。これで少し柔らかくなった。
メイクも柔らかくなった。
しかし、標準語を普通にしゃべれないタレントに、ハングルを教えてどうするのか(笑)
先生のアシスタント役・金景太は、日本人を母親に持つ俳優。
イケメンで、自ら韓国家庭料理も作ってしまう。
韓流マニアのハートをがっちりつかんだに違いない。coldsweats01

イタリア語・・前半に中級編を持ってきて、後半から初級編をやる変則プレー。
しかしギャップが大きすぎて、つまらない。punch

スペイン語・・アンヘラさんとベゴーニャちゃんのツートップは、なかなかいい。
福島先生(神戸外大)のべたなノリも相変わらずで、番組としてはもっとも楽しい。good


というわけで、今年のオススメもスペイン語講座だ。
ゴガクル・スペイン語講座

ラジオは、フラ語が面白そうだ。
だじゃれがどぎつい明治の清岡が登場。
レナ・ジュンタが相方だ。
美人だが、不思議なファッションセンスだ。
果たして何歳なのか。

ラジオのロシア語は新放送だ。
エースの黒田先生が登板。
明治大学では英語教師にさせられて、いつの間にか辞めていた。
まあ、明治でロシア語って感じはしない。
黒田先生も清岡みたいにロマンス諸語を選択していれば、安定した生活ができたものを。

ラジオでは、アラビア語とポルトガル語が再放送。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »