ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« WBC監督にジャイアンツ原監督決定?! | トップページ | 狐の呉れた赤ん坊 大映京都 1945 »

2008.10.30

十三の眼 1947 大映

7812667

松田定次監督作品
撮影 石本秀雄

出演:
藤村大造 片岡千恵蔵
戸川タマキ 喜多川千鶴
飯島まゆみ 由利みさを
小柳ミチ 美奈川麗子
清水刑事 伊達三郎
清島了助 斉藤達雄○
長島ルリ 奈良光枝◎


戦後しばらく、GHQは片岡千恵蔵らの時代劇映画を封印していた。
彼らは仕方なく、不慣れな現代物にチャレンジした。
「十三の眼」は「七つの顔」に続く大映アクション劇「多羅尾伴内」シリーズ第二弾である。
しかし多羅尾伴内というより、藤村大造でアクションしている時間がかなり長い。
第一作が大人しい作品だったので、二作目は少し派手にしたと言うことか?
千恵蔵のチャンバラ風アクションを楽しめる。

喜多川千鶴が、藤村大造の恩師の娘役である。
立派なヒロインなのだが、いつもながら印象が薄い。
それと比べて、青森出身の大歌手・奈良光枝がやはり歌手役で出演しており、彼女が実にかっこいい。
喜多川千鶴よりずっと見せ場があった。
第一声のイントネーションがおかしいが、青森県人は当時なかなか方言が抜けなかったのだろう。
あとは小津安二郎の作品の常連、斉藤達雄が黒幕の義眼の男で、最後は千恵蔵と派手な殴り合いを演ずる。

当時のアクション作品としては、まずまずの出来ではないか。
最後の吊り天上のシーンは笑ってしまった。
時代劇でも、このオチはやらないだろう。

« WBC監督にジャイアンツ原監督決定?! | トップページ | 狐の呉れた赤ん坊 大映京都 1945 »