ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 狐の呉れた赤ん坊 大映京都 1945 | トップページ | 知事の阪神巨人戦 »

2008.11.12

白昼堂々 1968 松竹

野村芳太郎監督・脚色
出演:
渡辺勝次 渥美清
富田銀三 藤岡琢也
マーチ 田中邦衛
森沢刑事 有島一郎
腰石よし子 倍賞千恵子
八百橋ユキ 生田悦子

直木賞作家・結城昌治のクライムノベルを映画化した作品。
正直言って、映画の出来は、まあまあ。

当時、テレビで注目されはじめた、関西弁丸出しの藤岡琢也が、渥美清と実施的にW主演である。
でも脚本は、コミカルな渥美清の場面にウェイトを載せた方が良かった。
このキャスティングからして、犯罪映画というよりはコメディーなのだ。
そういう意味で、野村芳太郎を監督に持ってきたのも、間違っていた。
(藤岡の初の単独主演映画は1970年の『喜劇 がんばれ日本男児』。)


こんな作品の中で、とびきり輝いていたのが、倍賞千恵子だ。
寅さんのさくらとは全く違う、キュートな万引き役で出ている。
昔は、いろいろな役をこなしていたのだ。

当然彼女がヒロインかと思ったが、案外出番は少なかった。
それだけに見せ場見せ場で、しっかり目立っていた。


あと、生田悦子が若かったなあ。

この原作は1987年に、「女咲かせます」として再び松竹が森崎東監督で映画化している。
出演は松坂慶子、役所広司、田中邦衛ら。

« 狐の呉れた赤ん坊 大映京都 1945 | トップページ | 知事の阪神巨人戦 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 狐の呉れた赤ん坊 大映京都 1945 | トップページ | 知事の阪神巨人戦 »