ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« Somebody Up There Likes Me (傷だらけの栄光) 1956 MGM | トップページ | Murder at the Gallop(寄宿舎の殺人) 1963 英国 »

2008.12.12

Дерсу Узала(デルス・ウザーラ) ソ連 1975


監督: 黒澤明
製作: ニコライ・シゾフ
    松江陽一
原作: ウラジミール・アルセーニェフ
脚本: 黒澤明
    ユーリー・ナギービン
撮影: 中井朝一
    ユーリー・ガントマン
    フョードル・ドブロヌラーボフ
音楽: イサーク・シュワルツ

出演: ユーリー・サローミン  ウラディミール・アルセーニエフ
    マクシム・ムンズク デルス・ウザーラ
    スベトラーナ・ダニエルチェンコ アルセーニエフ夫人

シベリアと満州の国境地図を作ったロシアの探検家アルセーニエフと、ゴリド人の老猟師デルス・ウザーラの友情を描いた作品。
広大なシベリアの大自然が美しい。


ロシア文学青年だった黒澤明が、長年暖めていたアルセーニエフの原作を映画化した。
自然の中で育まれる、男の友情がテーマだ。
ソ連時代の映画だが、プロパガンダ臭はない。


久しぶりに、この作品を見た。
これほどの傑作なのに、ほとんど忘れていた。
昔はそれほど感動しなかったのだろう。
自然との共生なんて考えもしなかったのだろう。
デルスが河に流されそうになる、危機一髪のところでようやく思い出した。


黒澤明作品全般に言えることだが、話が少し長い。
本来、二時間で納まったはずだ。
とくに都会での話はカットできた。
それだけが残念。

« Somebody Up There Likes Me (傷だらけの栄光) 1956 MGM | トップページ | Murder at the Gallop(寄宿舎の殺人) 1963 英国 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Somebody Up There Likes Me (傷だらけの栄光) 1956 MGM | トップページ | Murder at the Gallop(寄宿舎の殺人) 1963 英国 »