ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« Дерсу Узала(デルス・ウザーラ) ソ連 1975 | トップページ | JESSE STONE: NIGHT PASSAGE(警察署長 ジェッシイ・ストーン 暗夜を渉る) アメリカ 2006 »

2008.12.13

Murder at the Gallop(寄宿舎の殺人) 1963 英国


監督 ジョージ・ポロック
脚本 ジェームズ・キャベノー
原作 アガサ・クリスティ (『葬儀を終えて』)


出演
マーガレット・ラザフォード (ミス・マープル)
ロバート・モーレイ (ヘクター・エンダビー)、
フローラ・ロブソン (ミルクレスト、同じ年の「北京の55日」で西太后役、「嵐が丘」、「黒水仙」)
チャールズ・ティングウェル (クラドック警部)
ストリンガー・デイヴィス (ストリンガー)
カーチャ・ダグラス (ロザムンド・シェーン)
ロバート・アーカート (ジョージ・クロスフィールド)


マーガレット・ラザフォードのミス・マープル・シリーズ第二弾だ。
とはいえ、原作はエルキュール・ポワロが登場する「葬儀を終えて」


ミス・マープルは裕福な老人エンダビー氏に寄付を依頼するが、氏は階段から落ちて死ぬ。
猫嫌いの老人に猫をけしかけて、ショック死させた事件ではないか、とミス・マープルは考える。
殺人だと主張するマープルに対して、クラドック警部補は相手にしない。

エンダビー氏の遺言が公開される。
彼の甥ジョージ、姪ロザムンド、甥ヘクター、そして30年ぶりという妹コーラが集まる。
その場で、コーラは爆弾発言をする。
「兄は殺されたのよ。」

大物俳優が一人しか出ていないので、犯人当ては容易だ。

コーラが爆弾発言してくれる(原作通り)のだから、
ミス・マープルはエンダビー氏の死の現場に居合わせない方が良かった。

このように脚本の安易さが目立っている。
俳優も必ずしもキングズ・イングリッシュを使ってないし、
この映画は、てっきりアメリカ製作だと思った。

しかし当時の英国も、テレビドラマみたいな映画を作っていたのだ。


乗馬の腕を披露したり、ラストにプロポーズされるなど、ミス・マープルは大活躍だった。
わざわざE.ポワロを使わないことからわかるように、
この時代は、ミス・マープルの人気が高かったようだ。

イタリア版やスペイン版の原書カバーにも、マーガレット・ラザフォードを描いたものがあるほどだ。


« Дерсу Узала(デルス・ウザーラ) ソ連 1975 | トップページ | JESSE STONE: NIGHT PASSAGE(警察署長 ジェッシイ・ストーン 暗夜を渉る) アメリカ 2006 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Дерсу Узала(デルス・ウザーラ) ソ連 1975 | トップページ | JESSE STONE: NIGHT PASSAGE(警察署長 ジェッシイ・ストーン 暗夜を渉る) アメリカ 2006 »