ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« 人情紙風船 1937 PCL | トップページ | The Drowning Pool (新・動く標的) 1975 Warner »

2008.12.26

Royal Engagement(プリティ・プリンセス2) 2004 Disney

監督 ゲイリー・マーシャル

製作 ホイットニー・ヒューストン他

原案 メグ・キャボット

脚本 ションダ・ライムズ

衣装  ゲイリー・ジョーンズ


出演:
アン・ハサウェイ
ジュリー・アンドリュース
ヘクター・エリゾンド
ヘザー・マタラッツォ
クリス・パイン


前作の後、プリンストン大学を卒業した王女ミアは、いよいよジェノビア王国に渡る。
しかし、マブリー子爵が法により未婚の王女は王になれない、私の甥が真の王位継承者だと言い出す。
果たして、ミアは女王になれるのか?


"Royal Wedding"とは王室のご結婚だが、映画では邦題「恋愛準決勝戦」のことで、フレッド・アステア、ジェーン・パウウェル主演スタンリー・ドーネン監督の名作だ。
壁歩きのシーンが超有名である。

一方、この作品の原題は、"Royal Engagement" すなわち、王室のご婚約。
それだけで、中身がだいたい分かってしまう。
問題はラストで、ダスティン・ホフマン主演映画「卒業」みたいに、男が王女をかっさらうのか、どうか。

前作は面白いと思ったが、この作品は脚本がダメ。
何が言いたいのか、わかりにくい。

あえて考えれば、王位のために結婚が必要なんて、このフェミニズム時代にナンセンスということか。
でも結婚せず子供がいないままだと、次の王位継承で揉めないか?
我が国も孝謙・称徳天皇のときに道鏡事件が起きている。



プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング(2004) - goo 映画

« 人情紙風船 1937 PCL | トップページ | The Drowning Pool (新・動く標的) 1975 Warner »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人情紙風船 1937 PCL | トップページ | The Drowning Pool (新・動く標的) 1975 Warner »