ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« A Contess from Hong Kong (チャップリンの伯爵夫人) 1967 Universal | トップページ | イン・アメリカ 三つの小さな願いごと (2003) 愛英 »

2009.02.22

エリザベス・ハーレイの明るい離婚計画 2002 Germany & USA



エリザベス・ハーレイ(オースチン・パワーズ、悪いことしましょ!)とマシュー・ペリー(超人気ドラマ・フレンズ)共演による、お馬鹿映画だ。
IMDB評価も4点台の駄作である。

テキサスの大富豪に三行半を突きつけられたニューヨークの妻サラ(エリザベス・ハーレイ)が州ごとに異なる米国司法制度を逆手にとって、夫に逆襲するという話。
元弁護士で召喚状送達人のジョー(マシュー・ペリー)が彼女にいろいろと知恵をつける。
"Serve" は、この場合、裁判所の召喚状を送達するの法律用語と、サラに奉仕するの意味に掛けている。

前半のNY編だけに絞って、そこでイタリアマフィアと話を盛り上げればよかった。
南部のテキサスまで話を広げたのは、やり過ぎだ。
マシュー・ペリーは、こういう脚本ではほとんど機能しない。
エリザベス・ハーレイも離婚訴訟を起こされる妻という感じが全くしない。
だいたい前半を端折りすぎ。

得意のお色気シーンは今回も少しだけ、はいっている。

エリザベス・ハーレイのファンであれば、とくに問題はない。

エリザベス・ハーレイを美形だと認めない女の子や、アンチ・エスティローダー派の女の子に見せてはならない。

彼女は敵を作るタイプの美人だ。
反感を買うこと、間違いない。

« A Contess from Hong Kong (チャップリンの伯爵夫人) 1967 Universal | トップページ | イン・アメリカ 三つの小さな願いごと (2003) 愛英 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« A Contess from Hong Kong (チャップリンの伯爵夫人) 1967 Universal | トップページ | イン・アメリカ 三つの小さな願いごと (2003) 愛英 »