ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« マルタのやさしい刺繍 2006 スイス | トップページ | 母べえ 2008 松竹 »

2010.02.21

インビクタス 2009 ワーナー

監督 クリント・イーストウッド
脚本 アンソニー・ペッカム
音楽 カイル・イーストウッド、マイケル・スティーヴンス
撮影 トム・スターン

配役:
モーガン・フリーマン:ネルソン・マンデラ
マット・デイモン:フランソワ・ピナール
スコット・イーストウッド:ジョエル・ストランスキ

キャスティングには、ほとんどお金がかかっていない。
出ずっぱりのモーガン・フリーマンなんて、払った方が多いのではないか?

米国作品では珍しいラグビー映画。
マンデラ大統領と南アフリカ代表チームの交流を描いた作品だ。

アメリカ人はアメフトのことを当然わかっているが、ラグビーをどこまで知っているのか?
日本人でもラグビーは、関東人以外にとってメジャーなスポーツではない。

それだけに映画は無理をせず地味に始まる。
しかし終盤にかかり、1995年ラグビーのワールドカップが開催されると、自然と盛り上がり、
ラストのスプリングボクス対オールブラックスの死闘で最高潮に達する。

南アフリカ・マンデラ大統領は、政策同様に白人中心のラグビー自国代表を重要視していた。
彼らが南アフリカ代表として活躍すれば、白人と黒人の融和が図れると見たからだ。
大統領は積極的にプッシュしたが、まさかアソコまでやるとは思ってなかっただろう。happy01

サントラも傑作揃い。
息子カイル・イーストウッドらが音楽監督を務めた。
サッカーのワールドカップもあるから一家に一枚あっていいと思うhappy02



« マルタのやさしい刺繍 2006 スイス | トップページ | 母べえ 2008 松竹 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マルタのやさしい刺繍 2006 スイス | トップページ | 母べえ 2008 松竹 »