ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

« ブルークリスマス 1978 東宝 | トップページ | 決断の3時10分 1957 コロムビア »

2013.09.04

ハッピーフライト 2003 ミラマックス

監督 ブルーノ・バレット
脚本 エリック・ウォルド

出演者
グウィネス・パルトロー
クリスティナ・アップルゲイト
マーク・ラファロ
キャンディス・バーゲン
ケリー・プレストン
ロブ・ロウ
マイク・マイヤーズ

吹き替え版を見たため、マイク・マイヤーズ+広川太一郎コンビに注目したが、流石に広川は老けていた。
往年のギャグセンス・切れ味は感じられなかった。
この五年後になくなるわけである。
マイク・マイヤーズは1963年生まれだから、同年代の声優に演じさせるべきだろう。
たとえば山寺宏一とか。

あと、出演者にいえることは全体的に老けていたこと。
クリスティナ・アップルゲイトにしたって、ケリー・プレストンにしたって言われるまで気づかないw
キャンディス・バーゲンに至っては、何故こんな映画に出ているのと言う感じ。

あらすじは、地方の貧困層出身のドナ(パルトロウ)が名スチュワーデス・サリーの自伝を読み、地元航空会社に就職するが、飽き足らず、国際線を持つロイヤルエアラインに転職する。
厳しい研修を受けて、最終試験で良い成績をおさめたはずだったが、何故かクリーブランドのローカル線に赴任させられる。
しかしそこで法学部生とステキな出会いがあり、それなりに楽しい生活を送っていた。
一年も経ったある日、卒業試験で試験用紙のすり替えがあったことが判明し、彼女はニューヨーク・パリ線に栄転となる。
だがニューヨークに行くと、彼と別れなければならない。
人生最大の難問だ。

Box Office Mojo というのを見て思い出したが、グウィネスは最初プータローのシーンでは「喪女」顔をしていた。
要するに目の下にクマを作っていた。
それが出世して人生のステージが変わるたびにお化粧が上手になって、本来のグウィネスに戻った。
となると、最初はノーメイクだったのではないか。


« ブルークリスマス 1978 東宝 | トップページ | 決断の3時10分 1957 コロムビア »