ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

510.スタンダード音楽

2007.12.14

Let Me Sing I'm Happy〜Mac the Knife

Shirley Bassey - LET ME SING, I'M HAPPY
「歌わせてくれれば、私は幸せ。」
聴けば分かるように、この曲は下手な人は唄えない。。
「ゴールド・フィンガー」でおなじみ、英国の至宝シャーリー・バッシーが歌っている。

初のトーキー映画「ジャズシンガー」に主演した、黒塗り(黒人の真似をしていた)のリトアニア系ユダヤ人歌手アル・ジョルスンが、最初に歌ったとされる。
作詞・作曲はアービング・バーリン。
映画「アル・ジョルスン物語」(1946)でも主演ラリー・パークスの吹替で本人(アル・ジョルスン)が歌っている。

そのアル・ジョルスンの歌声だけ。
Let me sing and I'm happy by Al Jolson

アル・ジョルスンのお姿はこちら。

「アル・ジョルスン物語」からは、「アニバーサリー・ソング」

お次は「匕首マッキー」

Mack The Knife(1959)
有名なボビー・ダーリンの映像。いつ見ても格好良い。

この曲は、クルト・ヴァイルの名曲である。
「三文オペラ」の中で大道芸人が主役のマックを紹介するときの歌だ。


Louis Armstrong - Mack The Knife
サッチモのドイツライブから。
晩年のカラーテレビバージョンは削除されてしまった。

Ella Sings! 1965 Mack The Knife
エラ・フィッツジェラルドのバージョン。
バックはあのトミー・フラナガン・トリオ。

2007.12.01

マイ・ファニー・ヴァレンタイン

アメリカンアイドルの優勝者が熱唱する、「マイファニーバレンタイン。」
Melinda Doolittle - My Funny Valentine
なんと1937年の唄である。それなのに、ちっとも古くない。
君は美人じゃないけど、それでもそのままで変わらないでいてくれ、という唄。
これを美人ではない歌手が唄うと、リアリティが増す。


お次はチェット・ベイカーの渋すぎる歌唱。
Chet Baker in Tokyo ' 87 - My Funny Valentine


やはりシナトラが一番だ。
frank sinatra - my funny valentine
動画がないのが残念。


次はいつもながらおっさんのような声のサラ・ボーン。
Sarah Vaughan - My Funny Valentine+From this moment on
続けて、「フロム・ディス・モーメント・オン」も歌っています。


ますます趣味の世界に走って行きます。
ジム・ホールとミシェル・ペトルチアーニのデュオです。
Jim hall & Michel Petrucciani duet play My Funny Valentine
ミシェルのリリカルなピアノに注目。


最後はもっと渋く、キース・ジャレット・トリオ。

30万アクセス、どうもありがとうございました。
ここまで生きていられるとは思ってもいませんでした(笑)

2007.11.01

二人でお茶を ドリス・デイ

「二人でお茶を」
50年代に遡りますが、たまにはこういうのも良いでしょう。

Tea For Two
「真夏の夜のジャズ」から、アニタ・オデイの忘れられない映像。

Nat King Cole- Tea For Two
ナット・キング・コールはピアノも凄いのよ。

Tea for Two - Bud Freeman
これもインスト。バド・フリーマンなんて渋すぎる。

肝心のドリス・デイの「二人でお茶を」が見当たらない。
そこで他のドリス・デイの映画を特集します。

映画「ブロードウェイの子守歌」予告編

映画「カラミティ・ジェーン」から1953年アカデミー賞主題歌賞受賞作。
SECRET LOVE "DORIS DAY"

映画「ピロートーク」から。
Doris Day - " Pillow Talk ".

そして最後はもちろん、ヒッチコックの名作「知りすぎていた男」の主題歌「ケ・セラ・セラ」
1956年アカデミー賞主題歌賞。
Doris Day - Que Sera Sera (Great Video)

2007.06.26

イヴ・ボズウェル 「ザ・ウォーイヤーズ」, 東芝EMI 1957

(廃盤コーナー)
戦時中のヒット曲をイギリス人のボズウェルが歌っている。
正統派だが、飽きのこない声だ。
昔の録音だが、昔だからこその味がある。

それから、ジャケ写が有名だ。
ボズウェルが汽車に乗り込む軍人さんに抱きつき、キスするシーン。
迫真の演技(笑)。

「ベサメムーチョ」、「センチメンタルジャーニー」、「アズタイムゴーズバイ」など名曲ばかり12曲。

寺島靖国もご推薦のジャケ写はこちら。

その他のカテゴリー

210.松竹映画(戦前) | 211.松竹(46〜59年) | 212.松竹(60〜79年) | 213.松竹(戦後小津作品) | 220.東宝映画(戦前) | 221.東宝(46〜59年) | 222.東宝(60〜79年) | 223.東宝(戦後黒沢作品) | 224.東宝(戦後成瀬作品) | 225.新東宝映画 | 230.日活映画 | 240.大映(~59年) | 241.大映(60年~71年) | 250.東映映画 | 260.日本映画(独立系) | 281.日本映画(80-95年) | 282.日本映画(96-99年) | 283.日本映画(00年代) | 284.日本映画(10年代) | 310.アメリカ映画(戦前) | 320.アメリカ映画(46〜49年) | 321.アメリカ映画(50~54年) | 322.アメリカ映画(55~59年) | 330.アメリカ映画(60年代) | 340.アメリカ映画(70年代) | 360.アメリカ映画(80年代) | 361.アメリカ映画(90-93年) | 362.アメリカ映画(94-95年) | 363.アメリカ映画(96-98年) | 364.アメリカ映画(99年) | 365.アメリカ映画(00年) | 366.アメリカ映画(01-02年) | 367.アメリカ映画(03-09年) | 368.アメリカ映画(10年代) | 420.イギリス映画(~69年) | 421.イギリス映画(70年~) | 430.フランス映画(〜69年) | 431.フランス映画(70年〜) | 440.イタリア映画 | 450.ヨーロッパ映画 | 490.中国・台湾・韓国映画 | 499.その他の国々の映画 | 510.スタンダード音楽 | 520.オールディーズ | 530.ポップス70年代 | 540.ポップス80年以降 | 550.ロック | 600.アメリカ音楽 | 630.ラテン音楽 | 670.ヨーロッパ音楽 | 700.クラシック音楽 | 750.現代音楽 | 790.サウンドトラック | 800.歌謡曲演歌 | 910.ミステリ(国内文学) | 911.ミステリ(海外文学) | 912.ミステリ(国内ドラマ) | 913.ミステリ(米ドラマ) | 914.ミステリ(英ドラマ) | 920.シャーロック・ホームズ | 930.ミス・マープル | 940.エルキュール・ポワロ | 945.アガサ・クリスティ | 950.エラリー・クイーン | 970.アイドル60年代 | 971.アイドル70年代 | 972.アイドル80年代 | 999.落語、浪曲、講談 | ☆オーディオドラマ | ☆朗読 | ☆朗読(ミステリ) | ☆朗読(時代劇) | アニメ・コミック | ギャンブル | ゲーム | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ラジオ・オーディオ | 学問・資格 | 心と体 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 書籍(映画・音楽) | 音楽