ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

550.ロック

2007.08.31

PETER FRAMPTON COMES ALIVE, UNIVERSAL SACD 5.1CH

CDは一枚ものだったが、LPは二枚組だった。
SACDになって二枚組に戻った。
曲数はSACDの方が増えているはずだ。

元ハンプルパイのピーター・フランプトンによる、のりのりの全米ツアーライブ盤(1976)だ。
リア・サラウンド(反響音)がタップリ入っている。
回りに観客がいるような、音に包まれた感じになる。まさにライブだ。

しかし、(たとえばDVDと比べて)とくに音がいいとは思わなかった。

2007.08.20

こわれもの イエス DVDAUDIO 5.1ch

前半は聞きやすい音だったが、後半になって、うるさくてたまらなくなった。
リック・ウェイクマンのキーボードがキンキンして、スティーブ・ハウのギターが悲鳴を上げている。
同じDVDーAUDIOのクイーンの「オペラ座の夜」は節度ある作品だったが、これは少しやり過ぎだ。
まさにプログレらしい5.1ch リマスタリングだった。

307PM-1では安物過ぎて、まともな再生は無理だと思う。
ただし、リア・チャンネルのバランスは良かった。



2007.08.19

In a Silent Way--- Miles Davis Sony, SACD 5.1ch

これも渋いSACDだ。
以前はステレオCDで持っていた。
クールなマイルスの中でも、静かなCDだった。
そしてマルチSACDになって、さらに静かになった。

マイルス・デイビス以外のメンバーは、ソプラノ・サックスがウェイン・ショーター、ギターがジョン・マクラフリン、アコースティック・ベースがデイヴ・ホランド、ドラムスがトニー・ウィリアムスである。
さらに凄いのは、オルガンにジョー・ザビヌル、さらにツイン・キーボードにハービー・ハンコックとチック・コリアを配している。

センターにマイルスとショーターが陣取り、ギター、ベース、ドラム類も常に前衛だ。
はじめはオルガンとツインキーボードはリアだと思っていたのだが、オルガンは動いているようだ。
ジョン・マクラフリンとデイブ・ホランドはいつ聞いても格好良い。

2007.06.20

オペラ座の夜------クイーン dts, DVD-AUDIO

307-PM1 エイジング15日目。
今日は初のDVD-AUDIO輸入盤、クイーンの "A Night At The Opera"である。
1975年の作品で、名曲「ボヘミアン・ラプソディ」を含む、トータルアルバムの名盤だ。
以前はステレオLPで持っていた思い出の盤だ。

当時としては凄いアナログ多重録音だった。
今となっては、驚くほどどぎつくはない。
少し、ブライアン・メイのギターがキンキンするぐらいだ。

実際のコンサートでも、録音を使って、リアから音を出した。
コンサートを聴いた人には、このディスクがそれを再現しているため、たまらないそうだ。

コンサートを見ていない身にも、多重録音の雰囲気は伝わる。
ステレオとは「迫力」が大違いである。

マルチ再生のあるべき世界がここにあったと思う。
このアナログにアナログを重ねた音が原点なのだ。

しかしロックオペラ風の音楽やコンサートが、いまさら流行るとは思えない。
トータルアルバムだって、mp3全盛の現代に復活するとは思えない。

アルフィー桜井賢のサイト{クイーン「オペラ座の夜」について)

(懐音堂から転載)


2007.06.03

ユーライア・ヒープ 「対自核(Look at Yourself)」1971

表題曲は、ザ・ピーナッツがライブで歌うほどの名曲(?) 

Look at Yourself

ディープパープルのコピーや、HMの先駆など、五目煮込みになってるが、 気持ちよければ、何でも良いのだ(藁)

ミック・ボックス(g)とデヴィッド・バイロン(vo)、ケン・ヘンズレー(g,key,vo)が中心メンバー。

悪魔主義的な歌詞がメロディアスな曲と一体を成し、ドラマチックに展開してるけど、ライバルのブラック・サバスとは一味ちがいます。

ただ、今から見ると、地味ですが、実は当時も既に地味という話がありました(笑)
僕は好きです。

Uriah Heep Look at Yourself


その他のカテゴリー

210.松竹映画(戦前) | 211.松竹(46〜59年) | 212.松竹(60〜79年) | 213.松竹(戦後小津作品) | 220.東宝映画(戦前) | 221.東宝(46〜59年) | 222.東宝(60〜79年) | 223.東宝(戦後黒沢作品) | 224.東宝(戦後成瀬作品) | 225.新東宝映画 | 230.日活映画 | 240.大映(~59年) | 241.大映(60年~71年) | 250.東映映画 | 260.日本映画(独立系) | 281.日本映画(80-95年) | 282.日本映画(96-99年) | 283.日本映画(00年代) | 284.日本映画(10年代) | 310.アメリカ映画(戦前) | 320.アメリカ映画(46〜49年) | 321.アメリカ映画(50~54年) | 322.アメリカ映画(55~59年) | 330.アメリカ映画(60年代) | 340.アメリカ映画(70年代) | 360.アメリカ映画(80年代) | 361.アメリカ映画(90-93年) | 362.アメリカ映画(94-95年) | 363.アメリカ映画(96-98年) | 364.アメリカ映画(99年) | 365.アメリカ映画(00年) | 366.アメリカ映画(01-02年) | 367.アメリカ映画(03-09年) | 368.アメリカ映画(10年代) | 420.イギリス映画(~69年) | 421.イギリス映画(70年~) | 430.フランス映画(〜69年) | 431.フランス映画(70年〜) | 440.イタリア映画 | 450.ヨーロッパ映画 | 490.中国・台湾・韓国映画 | 499.その他の国々の映画 | 510.スタンダード音楽 | 520.オールディーズ | 530.ポップス70年代 | 540.ポップス80年以降 | 550.ロック | 600.アメリカ音楽 | 630.ラテン音楽 | 670.ヨーロッパ音楽 | 700.クラシック音楽 | 750.現代音楽 | 790.サウンドトラック | 800.歌謡曲演歌 | 910.ミステリ(国内文学) | 911.ミステリ(海外文学) | 912.ミステリ(国内ドラマ) | 913.ミステリ(米ドラマ) | 914.ミステリ(英ドラマ) | 920.シャーロック・ホームズ | 930.ミス・マープル | 940.エルキュール・ポワロ | 945.アガサ・クリスティ | 950.エラリー・クイーン | 970.アイドル60年代 | 971.アイドル70年代 | 972.アイドル80年代 | 999.落語、浪曲、講談 | ☆オーディオドラマ | ☆朗読 | ☆朗読(ミステリ) | ☆朗読(時代劇) | アニメ・コミック | ギャンブル | ゲーム | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ラジオ・オーディオ | 学問・資格 | 心と体 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 書籍(映画・音楽) | 音楽