ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

670.ヨーロッパ音楽

2007.09.28

ジリオラ・チンクェッティ(イタリアの女性アイドル歌手)

主演映画「愛は限りなく」(1966,五作品目)のクライマックスで、自ら歌って愛を告白するシーン。
Dio Come Te amo

ジリオラ・チンクェッティは16歳の時、「夢見る想い」(1964)を歌って、サンレモ音楽祭とユーロビジョン・ソングコンテストをダブル制覇する。
Gigliola Cinquetti - Non ho l'eta(ユーロビジョンの映像)
その時点で既に、現在の伊アイドル、ラウラ・パウジーニも真っ青のヨーロッパ級アイドルだったのだ。

その二年後に、この映画が上映された。
水準の高いイタリア映画としては、お世辞にも良い作品とは言えない。
我が国が誇る、若大将シリーズなど東宝アイドル映画のノウハウを提供してあげたかった。


1969年には「雨」(「雨にぬれながら〜」の三善英史ではない。)が日本でも大ヒットする。
サンレモ音楽祭での映像。
La Pioggia

三年の間にずいぶん美人になってしまった(笑)
日本では江見早苗がカバーしてた。

ジリオラの推奨CD
ベスト・オブ・ジリオラ・チンクェッティ

こっちはフランス・ギャルの歌う「雨」。
France Gall - La Pioggia (San Remo)

ちゃんと練習したのか?(笑)見事にペアを組んだジリオラの足を引っ張っている。
(当時サンレモ音楽祭は曲の対抗戦であり、一曲を二人が歌うダブルキャスト方式をとった。)

彼女の名誉のために言うが、このときは上がっていたのだろう。
他の映像ではちゃんと歌っている。

次のギャルの「雨」伊語バージョンは、ワールドアイドルお宅の心をくすぐる。
France Gall - La Pioggia (TV)

関係ないがラウラ・パウジーニの作品は英語よりイタリア語の方がはるかに良い。
Laura Pausini - Se Fue

2007.08.29

ダリダ(フランスの大歌手)

ダリダの国籍は、イタリア人(育ちはエジプト)だ。
アラン・ドロンとの共演があるし、フランスにはダミア(「暗い日曜日」)という大歌手もいたので、ずっとフランス人だと思っていた。

この人の人生波乱万丈については
Dalida Dalida
が詳しい。(日本語)

カンツォーネ時代:1959年「チャオチャオバンビーナ」
Dalida - Ciao ciao bambina (live)

1969年ドイツのTVらしい。曲は「悲しき天使」(仏題は「花の時代」か)、自殺した恋人ルイジ・テンコが作った「Ciao Amore Ciao」
Dalida - Le temps des fleurs & Ciao amore ciao

次は二つのビデオを編集している。前半は1974年の「18歳の彼」(日本では岩下志麻がカバー)、後半は1981年「ノスタルジー」
dalida " il venait d'avoir 18 ans " / " nostalgie "

そして最後はアラン・ドロンの語りをフィーチャーした「パローレ・パローレ」(日本では「あまい囁き」by 中村晃子 feat. 細川俊之)
dalida & alain delon " paroles paroles "

本当にこの人の歌唱には、圧倒される。
CDは一枚では無理だが、入門編ならこれかな。ただし中古がお薦め。
Forever

上のトーク付き「パローレパローレ」では物足りないという方には、
セリーヌ・ディオンの歌はいかが。
Céline Dion & Alain Delon - Paroles, paroles
いまや映画界を引退したアラン・ドロンがスタジオで生出演している。
ダリダの歌だけに、セリーヌ級の歌手でないと歌えないのだろう。

2007.08.28

ボニーM、アラベスク、バカラなどユーロディスコ

ミュンヘンサウンドのボニーM「怪僧ラスプーチン」
boney m-rasputin男1人女3人の黒人グループだったが、実際はドイツ人プロデューサーが操っていた。
事情はここに詳しく載っている。このサイトは大変ためになる。

昨年末話題になったDJ OZMAの元々の曲「ダディ・クール」
Boney M - Daddy Cool

こっちは正しい「バビロンの河」
Boney M - Rivers Of Babylon (1978)

次は西ドイツ系キャンディポップ。
大ヒットしたアラベスクの「ハローミスターモンキー」は誰かが作ったイメージ映像しかなかった。
Arabesque- Hello Mr Monkey
三人組なので、どうしてもキャンディーズと比べてしまう。リズム感では負けているが、振付では日本も負けていない。

アラベスク「恋にメリーゴーランド」(タイトルの意味が分からない。)
Arabesque

アラベスク「さわやかメイクラブ」(凄まじい題だ。)
Arabesque- Make Love Whenever You Can
アラベスクは探せばまだまだ出てきます。

しかしアラベスクをgoogleでしかも日本語で検索すると、ドビュッシーが出てくるのは良いとして、次に山岸涼子先生のバレエ漫画が出てくる。

美人お色気デュオのバカラもある。
見ているだけで腰が砕けてしまう「誘惑のブギー」
Baccara - "Yes, sir, I can boogie"
彼女らはスペイン出身だが、西ドイツからデビューした。

彼女らを見ると、ピンクレディーと比べてしまう。
BACCARA VENUS 1977

1978年のユーロビジョン。多分、これがフランス語のスペイン訛りなのだろう。
Baccara - Parlez-Vous Français?

1979年テレビでの「グラナダ」、彼女らはやはりスペインものが最高。
BACCARA "GRANADA" 300 MILLONES 1979

最後は西ドイツ版「あの人は今」かな。
Maria Mendiola Mayte Mateos Interview 2004 Baccara
顔も少し似ていた二人は、仲が相当悪かったので、今も分裂したままみたい。

西ドイツのヴェロニカ「恋のダディーオー」が見つからなかったので、ハンガリーからニュートンファミリー「ドンキホーテ」を。
Neoton Familia - DON QUIJOTE
ハンガリーの平田隆夫とセルスターズといった感じだった。

ついでにもう一つ。
フラメンコタッチのナンバー、サンタ・エスメラルダの「悲しき願い」(フランスのプロデュース作品。ボーカルのリロイ・ゴメスはアメリカ人。原曲はもちろんアニマルズ。)
Santa Esmeralda - Don't Let Me Be Misunderstood
中原理恵「東京ララバイ」(作曲筒美京平)が似ていたのは有名だ。

推奨CD:
ザ・マジック・オブ・ボニーM~ベスト・コレクション
キャンディ・ポップス
CANDY POPS!2
これで一晩中踊り明かしてください。

大英帝国からドゥーリーズ。「ウォンテッド」は当時の映像がない。(1979年)
Wanted-Dooleys

バックスフィズ「夢のハッピーチャンス」
United Kingdom entry to Eurovision 1981
Bucks Fizz Making your mind up
ユーロビジョンだけあって、気合いがはいっています。

そして大御所ノーランズ。「ダンシングシスター」(1980)
ただし姉妹の生まれは隣のアイルランド。
The Nolans - I'm In The Mood For Dancing (Sung In Japanese)
日本語で歌っています。

セクシーミュージック(1981)
Nolans - Sexy Music
第10回東京音楽祭でグランプリ受賞。
声は枯れていたんだけどなあ。
Nolans - 10th Tokyo Music Festival - Grand Prize
元気だった頃の土居まさるが懐かしい。

2007.08.26

フランソワーズ・アルディ さよならを教えて 1973

フランソワーズ・アルディはフランス国内では1962年にデビューして、6年間芸能活動した後、寡作家(シンガーソングライター)になり、今ではたまにしか出てこない。
頭のいい人だったので、若いうちに一生の生計を立ててしまったのだろう。

日本では、1973年に大ヒットした「さよならを教えて」
以前フルコーラスを見つけたのだが、削除された。
これは1分ほどの台詞無し。
Françoise Hardy - Comment te dire adieu
原曲は英語だったが、セルジュ・ゲンズブールが仏訳詞をつけた。

ジェーン・バーキンとのデュエット版「さよならを教えて」が、あった。

Francoise Hardy & Jane Birkin - Comment Lui Dire Adieu

後半のダンスに度肝を抜かれる(笑)

物足りない人には、ロシア語デュエットの「さよならを教えて」
Comment Te Dire Adieu in russian

それでも物足りない人には、カナダ出身のアイドル、
ナターシャ・サンピエールの「さよならを教えて」
Natasha St. Pier - Comment te dire adieu

フランソワーズ・アルディに戻って、デビュー曲の「男の子女の子」(郷ひろみの歌ではない。)
françoise hardy - tous les garçons et les filles

日本では1979年「沿線地図」(山田太一原作・脚本、岸恵子、河内桃子、真行寺君枝、広岡瞬出演)の主題歌になった「もう森へなんか行かない」
Françoise Hardy - Ma jeunesse fout l camp

次の映像のフランソワーズの細さは何なんだ。
Sylvie Vartan & Francoise Hardy - Il y a deux filles en moi

1998年(より後)のフランソワーズ。
最近の姿をみることは滅多にないが、なかなかすてきなおばさんだ。
Sylvie Vartan Francoise Hardy Etienne Daho - On s'ressemble

推奨CDは:
告白 (CCCD)

2007.08.21

フランス・ギャル グレイテストヒッツ 2002

フランス人歌手は意外だが、女優とは違って、美人が少ない。
しかしアイドル系やセクシー系など、癖のあるタイプは、人材が豊富だ。

フランス・ギャル(France Gall)は、1965年頃全盛を誇ったアイドル歌手。
YouTubeでも若い頃から最近までの映像が見られる。
若い頃の声は、強烈にロリータがかっている。

そこで思い出すのが、「こまっちゃうな」の山本リンダ。
彼女のモデルになったのではないか。

それまでのパワーアイドル(コニー・フランシス=中尾ミエ)型が飽和してきたので、呂律の回ってないギャル型へと切り替えたのだろう。
そして70年代に入っても、それは浅田美代子、伊藤つかさらへと引き継がれていった。

だけど、そういうタイプに限って、見た目と違い、気が強そうだ。

フランス・ギャル グレイテスト・ヒッツ

2007.06.06

ジンギスカン(ドイツのディスコグループ)

小学生に聞くと、Flashのおかげでジンギスカンが流行しているそうだ。

英語の綴りはGenghis Kahnと書くが、ドイツ語のDschinghis Khanの方が検索は通りやすい。


まずはモスクワ五輪直前に大ヒットした「めざせモスクワ」
DSCHINGHIS KHAN - MOSKAU -
子供は誰もこのとき、モスクワへ行けなくなると思ってなかった。

曲名とグループ名が同じ、デビュー曲「ジンギスカン」
Germany 1979
1979のユーロビジョンだそうだ。

ついでに「ハッチ大作戦」もどうぞ。
Dschinghis Khan - Hadschi Halef Omar

まだ他にも出てくるでしょう。検索してみてください。


推奨CD
ジンギスカン

(懐音堂から転載)

その他のカテゴリー

210.松竹映画(戦前) | 211.松竹(46〜59年) | 212.松竹(60〜79年) | 213.松竹(戦後小津作品) | 220.東宝映画(戦前) | 221.東宝(46〜59年) | 222.東宝(60〜79年) | 223.東宝(戦後黒沢作品) | 224.東宝(戦後成瀬作品) | 225.新東宝映画 | 230.日活映画 | 240.大映(~59年) | 241.大映(60年~71年) | 250.東映映画 | 260.日本映画(独立系) | 281.日本映画(80-95年) | 282.日本映画(96-99年) | 283.日本映画(00年代) | 284.日本映画(10年代) | 310.アメリカ映画(戦前) | 320.アメリカ映画(46〜49年) | 321.アメリカ映画(50~54年) | 322.アメリカ映画(55~59年) | 330.アメリカ映画(60年代) | 340.アメリカ映画(70年代) | 360.アメリカ映画(80年代) | 361.アメリカ映画(90-93年) | 362.アメリカ映画(94-95年) | 363.アメリカ映画(96-98年) | 364.アメリカ映画(99年) | 365.アメリカ映画(00年) | 366.アメリカ映画(01-02年) | 367.アメリカ映画(03-09年) | 368.アメリカ映画(10年代) | 420.イギリス映画(~69年) | 421.イギリス映画(70年~) | 430.フランス映画(〜69年) | 431.フランス映画(70年〜) | 440.イタリア映画 | 450.ヨーロッパ映画 | 490.中国・台湾・韓国映画 | 499.その他の国々の映画 | 510.スタンダード音楽 | 520.オールディーズ | 530.ポップス70年代 | 540.ポップス80年以降 | 550.ロック | 600.アメリカ音楽 | 630.ラテン音楽 | 670.ヨーロッパ音楽 | 700.クラシック音楽 | 750.現代音楽 | 790.サウンドトラック | 800.歌謡曲演歌 | 910.ミステリ(国内文学) | 911.ミステリ(海外文学) | 912.ミステリ(国内ドラマ) | 913.ミステリ(米ドラマ) | 914.ミステリ(英ドラマ) | 920.シャーロック・ホームズ | 930.ミス・マープル | 940.エルキュール・ポワロ | 945.アガサ・クリスティ | 950.エラリー・クイーン | 970.アイドル60年代 | 971.アイドル70年代 | 972.アイドル80年代 | 999.落語、浪曲、講談 | ☆オーディオドラマ | ☆朗読 | ☆朗読(ミステリ) | ☆朗読(時代劇) | アニメ・コミック | ギャンブル | ゲーム | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ラジオ・オーディオ | 学問・資格 | 心と体 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 書籍(映画・音楽) | 音楽