ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

ウェブページ

音楽

2008.08.11

「BS 永遠の音楽大集合・青春のフォークソング」

もう一つ、天下のNHKでなければできない、団塊の世代狙い撃ち企画。
「BS 永遠の音楽大集合・青春のフォークソング」(NHKホール)

Pickup_080810_folk_r


フォークソングシンガーがNHKホールに大集合。 40年前、ギター1本で日本中が歌い出したフォークブームが起こり、自らの想いを歌う和製フォークソングが生まれ、やがて、そのムーブメントから派生するように、オリジナル曲をバンドスタイルで演奏する「和製ロック」ミュージシャンが続々と登場。「和製フォーク」は日本のポップカルチャーとなって、その後の現代音楽シーンへと続く礎を築くことになった。そのオリジナルシンガーの歌声、そしてフォークの名曲たちは今なお我々を魅了してやまない。
今回の番組の目玉は何と言っても、出演者の豪華さ。その中でも特にNHKの歌番組は15年振りの出演となり、集合もののテレビ音楽イベントには初出演の「フォークの神様」岡林信康。彼の、あの名曲・あのヒット曲の数々をたっぷりと聞かせます。

【出演】石川セリ、五つの赤い風船、因幡晃、上田正樹、大野真澄、岡林信康、尾崎亜美、海援隊、加川良、小室等、杉田二郎、ダ・カーポ、谷村新司、BORO、ムッシュかまやつ ほか
【司会】南こうせつ、イルカ (以上、NHK記事より)

長時間の番組だったが、超満員の観客にベテラン歌手も気合いが入った。
以下は曲名紹介。

ガロ(大野真澄) 学生街の喫茶店
かまやつひろし 我が良き友よ
尾崎亜美(ピアノ弾き語り) オリビアを聴きながら
Song for memories(山本潤子、細坪基佳、鈴木康博)〜一億の夜を越えて〜白い冬〜中央フリーウェイ・メドレー
ダカーポ(フルートの榊原麻理子を加えてトリオ構成) 野に咲く花のように
娘の麻里子さんはご主人榊原まさとしのソロヒット「不良少女白書」(1981TBSドラマ 『仙八先生』挿入歌、作詞作曲はさだまさし)のときの子供だろうか?あのとき確か奥さんは産休だったと思う。

加川良 教訓1
山崎ハコ(ご主人と一緒) 気分を変えて
因幡晃 わかって下さい

山崎ハコ 風に吹かれて(ボブ・ディラン)
南こうせつ、小室等、イルカ 花はどこへ行った(ピート・シーガー)
Song for memories 夢のカリフォルニア(ママス・アンド・パパス)

杉田二郎 戦争を知らない子供たち
小室等 雨が空から降れば(別役実作詞)

ゲストトーク 武田鉄矢

BORO 大阪で生まれた女
上田正樹(南無妙法蓮華経、ますます山本晋也監督に似てきた。) 悲しい色やね
海援隊 母に捧げるバラード

石川セリ(アンドレカンドレの奥さん、大病後復活した。) 八月の濡れた砂
谷村新司 チャンピオン〜冬の稲妻〜遠くで汽笛を聴きながら〜昴

五つの赤い風船(西岡たかし、中川イサト) 遠い世界に
Song for memories 翼をください

岡林信康 山谷ブルース〜チューリップのアップリケ〜君に捧げるLOVE SONG〜虹の舟歌
かつての放送禁止歌二つを含む、4曲だけ放送していたが、実際はもっとたくさん歌っていたようだ。格差社会を迎えて、再び神様・岡林信康の時代が来た。NHK紅白出場もにおわせていたが、さすがにそこまでする勇気はないだろう。生放送に彼は危険だ(笑)

南こうせつ 幼い日に〜神田川
イルカ なごり雪
あの素晴らしい愛をもう一度 全員合唱
(武田鉄矢がすっかり一人で仕切っていた。武田節で歌われるとすっかり違う曲になってしまう。)

最後の曲では、岡林とチンペイはいなかったようだ。

2007.11.10

複音ハーモニカ3

複音ハーモニカの良い点は、吹く音と吸う音が交互に並んでいるので、音が混じりにくい。
たとえ混じっても、ドとミやレとファである場合は、さほど汚くない。
だから下手でも楽しめる。

しかしそのため(長調の場合)中央部の音階は、ドレミファソラシドではなくて、ドレミファソラドシの順に並んでいる。
ついついラの隣りはシだと思いがちだ。
しかしこれらはともに吸う音なので、間に高音のド(吹く音)を挟んでいる。

そこがはじめのうちは間違えやすい。

もっとも初心者の教則本の場合、最初のうちはシの出てこない曲ばかりだ。

☆☆☆

さて九州朝日放送でかつて「ナツメロとあなた」という帯番組があったのをご存知だろうか?

次はそれに出演していた大石昌美先生の教科書だ。
ハーモニカによる前奏を付けているのが特徴。
二本持ちや短調曲がある(説明はあまりない。)から、その辺は先ほどあげた本でマスターしてほしい。

第二巻、第三巻も発売されている。

大石先生の実演を聴きたい人は次のCDをどうぞ。
童謡集だ。


2007.10.29

複音ハーモニカ2

この楽器の良いところは、片手でも吹けるところだ。
片手が不自由な自分には向いている。
また、日本の童謡・唱歌や歌謡曲中心に吹きたい場合も適している。

ただし、最近のJPOPや洋楽を中心に吹きたい人は、レバー式のクロマチックをおすすめする。
何調であれ、半音がいっぱい出てくるからだ。

3121


最初の複音ハーモニカを買った時、この教則本が付いてきた。

童謡唱歌の、C調中心で面白くもない。
また、演奏方法の注意はあまり書いていない。
誤植も多かった。


ベース奏法など伴奏方法を学ぼうと次をやった。

基本に忠実なのだが、複音ハーモニカのひびきがあまり綺麗でないのに、さらに伴奏で音を汚しているような気がして、投げ出してしまった。


次は、そろそろ短調も吹きたいと思い、これを読んだ。

CとC#との二本持ちのことも、ナチュラルマイナーANmのことも書いてある。
おトク感が合った。


再度、伴奏テクニックに挑戦するため、CD付きの次の本を読む。

しかしこれも合わず。
結局伴奏はシーケンサーに任せることにした。

以後は、楽譜集を買ってきて、自分で長調か短調かを判断して、ハ長調やイ短調に移調して、吹いている。
伴奏をつける時は注意しなければいけないが、単独で吹く場合はこれで十分だ。

2007.10.17

複音ハーモニカ1

複音ハーモニカを始めた。

3121_2


安物のハーモニカなので21音でそれぞれ上下二段に穴が開き、それを同時に吹き吸いする。
それぞれ同じ音階なのだが、2Hzほど音程をずらしているため、うなり(ビブラート)が加わり、独特の音色が出る。(だから、トレモロハーモニカともいう)

ただし単音のクロマチックハーモニカ(たとえば小学校で使ったもの)とちがい半音は出ず、C調ならC#(嬰ハ長調)のハーモニカと二本持ちして、#のたびごとにC#の方を吹き吸いする。

クロマチックの方が洋楽などには適しているのだが、よいクロマチックハーモニカは指でレバーを操作して、半音ずらす造りになっている。
わたしは片手が不自由なので、複音ハーモニカしか使えないのである。
スティービー・ワンダーはクロマチックの名手であり、目が不自由であっても使える。
手が不自由だと、これが使えないのが皮肉である。

複音ハーモニカの短調は基本的に和声的短音階であり、ソの音が#している。
自然短音階のハーモニカもあるが、日本最大のハーモニカメーカーTOMBOの製品では高価である。

何故、TOMBOは自然短音階のハーモニカを安くしないのか?
日本(とロシア)では短調曲が豊富だし、和声的短音階と比べたら、今や自然音階の方が多くなっている筈。
いや、高価でも良いから自然短音階と和声短音階の二つを上下に並べたハーモニカを作ってもらいたい。
そうすれば、旋律短音階(上りは和声的、下りは自然的)まで対応できる。


公式サイト

2007.10.02

タイムドメインと富士通テン

(2005年4月の懐音堂記事)

タイムドメイン社のアクティブスピーカー・ミニをパワーマックに繋いでいる。
こいつは安価に関わらず、ハイエンド顔負け(?)の音を出す。
エンクロージャーが球体で柔なので、実に音が柔らかい。クラシックやボーカルは得意である。
ジャズのゴリゴリベースやロックのきらびやかなシンバルは苦手だが、それは音質の問題であり、インパルス応答は良さそうだ。少なくとも理論上はそうだ。
音楽としてはどのジャンルでも聞きやすい音になる。しかし優しい音というのでもない。

すこしだけリッチな音楽を楽しむため、1万8千円のお金を惜しくないという、お金持ちにはお勧めだ。

タイムドメインから、おそらくOEMか技術供与を受けている、富士通テンは、トヨタの関連企業だ。
時代は名古屋、名古屋と言えばトヨタ、トヨタと言えば丸形デザイン、丸形デザインといえばエクリプス。
根が一本に繋がっているということは、オーディオ業界では知られているのでしょうか(笑)

日本の金型技術は世界一なのに、国産スピーカーにはあんまり応用されていないような気がする。
シングルコーンの重要性が再認識されてきた一方、箱の方がいつまでも立方体なのは、不思議だ。

ここからは2007年の記事。
エムイーティーも、タイムドメインをはじめた。
誰か人身御供になって試聴記を出して欲しい。


2007.09.29

SACDについて疑問

(2005年4月の懐音堂記事から)

Q:SACDもマーキュリー盤とRCA盤が出てきて、少し興味を持ち直しました。

A:アナログの遺産を食いつぶしているだけですよ。

Q:プレーヤーでまともなものは出ましたか?まだ音の立ち上がりと厚みが両立しないのでしょうか?

A:前よりはマシになった。しかし、立ち上がりがよくなれば、厚みがなくなる。いわゆる、緩い音が好きなハイエンドオーディオメーカーが手を付けないことからもわかろう。

Q:SACDマルチは音の薄さを補う目的でやっているんですかね?

A:現在のマルチ再生レベルではおまけ程度と思われても仕方がない。

Q:音が遅くなっても良いと言うのならば、もともとマルチ録音のポップスでやった方が面白そうですね。
でもセンタースピーカーって、ツイーターの位置をあげないといけないでしょう。ホームシアターと両立しないのではないですか?

A:しません。

Q:センターを省略するファントムモードってありますか?

A:まだありません。


一部のDVD-SACDプレーヤーは、ハイブリッド盤とコンパチでないため、再生不可である。もちろん、CDとしては再生可能である。
そのこともSACDの人気を落としている一因と思われる。

もはやパッケージソフトの時代は過ぎた。

2007.09.20

オーディオケーブル・ラック類について

Digital cables: Audifon Premier RCA and XLR
レンジは拡げないタイプだ。マランツDACの受けは、4713のRCA出力に対して、RCAとXLRの変換アダプタをつけていた。

Interconnect cables: AC design Conclusion1.4X (DAC-Amp)
AC Design は、情報量損失が殆ど無く、音場の見通しを良くするケーブル。

Speaker cables: AC design WTC2
これもAC Design TCSケーブルからの乗り換え。解像度が上がり、低音に馬力が出た。

Power Codes: AC design ZERO
このケーブルは少し柔らかくなるが、ピアノの右手はざらつくことがある。これを押さえるのに、なかなか苦労していた。


Power Taps: CEC
CECの電源タップは、おっとりしている。ギスギスしたところがない。

Audio Boards: 御影石
オーディオベースの定番とも言うべき御影石、やや粗いが、CPは高い。
DAC・・・小型の御影石を入れて、DACにスパイクを着けた上で、ブラックメタルのスパイクベースで受けていた。
デジタルアンプ・・・床に直起きした御影石の上にタオックのサウンドボードを載せ、そこにローゼンクランツを敷いていた。
スピーカー・・・添付のスパイクを使い、御影石にJ1の黒いスパイクベースで支えていた。


Audio Racks: ハヤミ工産 GS-611
38キロと重いのが取り柄。フローリング床と底板との間には、カーペットの切れ端を挟んであった。

2007.09.19

Super Tweeters: Murata ES103

村田製作所が突如、オーディオ業界に突きつけた、スーパーツイーター。
セラミックによる圧電現象を利用して、立ち上がりの良い音を出してくれる。

ディナウディオとの組み合わせでは、高音の重さを解消してくれる効果があり、非常に良い。
かといって、ハードドームツイーターの金属臭さや、リボンツイーターの堅さも無い。
中間的な高音だ。
レンジ感は、トンコンで高音のレベルを上げた、という程度。

それでも高音の情報量が増えると、まったく正反対の低音の解像度も上がる。
(僕の)ワイドレンジ時代には、無くてはならない道具だった。

2007.09.18

Loudspeakers: Dynaudio Contour 3.3

思い出のスピーカー編、ディナウディオ・カンター3.3。

Infinity Kappa から切り替えた。
ローズウッド仕上げがディスコンになるので、安くしてもらった。
第一印象ではアンプさえしっかりしていれば、使いやすいトールボーイスピーカーである。
レンジは、モニター系スピーカーと比較すると狭いが、音楽を聴く分には問題はない。


音は、すべてにおいて作為のない自然な音だ。
ところが世間のコンター評は、大きく分かれている。
まずY際電器で聴ける、コンターの廉価機は音が悪かった。
あれを聴いてコンターなんて、と思っている人は多い。
たしかに高音にまったく刺激感が無いのがディナの特徴。
ティールやB&Wみたいな強調感を持たせていない。
だからセッティングが悪いと音が団子になる。
それを高音が出ないと勘違いされるわけだ。


使いこなしてみれば分かるとおり、高周波でもって音場感(ホールの雰囲気)をさりげなく醸し出すタイプ。
作為的な感じがまったくしない。
音の密度感は欧州系としては、しっかり出ている方だ。
立ち上がりのスピードは、あまり強調されていないが、遅くない。
低音はやや締まっている方だが、普段はこれ見よがしには出てくるわけではない。
オケのティンパニロールなどは、恐怖さえ感じる。

敢えてコンターの問題点を挙げれば、空間が必要だ。
狭苦しい所では音も窮屈になる。
現在、8畳間で鳴らしているが、壁に近づけると、反射音の問題が出てくる。
しかし吸音材を入れすぎると音が死ぬ。
そのため、左右のスピーカーの間隔を狭くしてセッティングしていた。
さらに耳の高さ、すなわちコンターのツイーターの高さに被る家具はみんな取り除いた。
どんな部屋にでも、ぽいっと置いて聴けるスピーカーではないと言う意味では、たしかにコンターは難しいのである。
しかしそれを言えば、いまどきの音場型スピーカーは、もっと難しい。

アンプとの組み合わせ問題で言うと、ラックスのBTL(C-7i + M-7i×2)で駆動していた頃は、これだけのスピーカーを使うのだから、アンプが場所を取っても、仕方がないと諦めていた。
しかしこれがシャープの1ビットデジタルアンプだと、あっさりと鳴ってしまう(笑)
100万円のスピーカーに100万円のプリメインアンプというのは、価格バランスとしてもぴったり。

しかしあっさり他のスピーカー(ディナウディオ・スペシャル25)に乗り換えてしまった。
学生時代、セレッションのSL700を見て、音質ではなく小型2ウェイというデザイン性に惚れたが、年を取ってからも同じ病気が出てきた。

2007.09.17

Integral amplifier:  Sharp SM-SX100

懐かしの名機シリーズ。

数年前のことだ。CD登場以来のオーディオの技術革新「1ビットデジタルアンプ」。
疑心暗鬼で自宅試聴したが即、ラックスのアンプ三台を売り飛ばして、買い換えた(^^;)


位相ぴったり、ジャストミートの音(笑)。
ノーチラスN801でも難なくドライブするのだから、超ワイドレンジ。
素材の良さをずばり出す一方、悪さも丸出しにする。
サウンドに対してカラーリングは何もしない。
だから、アンプによる色づけを好む、古典的ハイエンド指向の人には、向かない。
優秀録音CDは何もしなくても、良い音で鳴ってくれる。
粗悪な録音盤を鳴らすのは、使いこなしが必要でしょう。
CDのデジタル入力は、やや元気が良くなる方向だ。
クラシックを聴く場合は、マランツDACからのアナログ入力が良かった。


ちなみにSACDは、発売当時としては、知る人ぞ知る DVD/SACDプレーヤー・DVP-S9000ESのアナログ出力をホームシアターから引っ張ってきて、DSDサウンドを楽しんでいた。

このアンプは、捨てがたくて、オーディオを引退する最後まで持っていた。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

210.松竹映画(戦前) | 211.松竹(46〜59年) | 212.松竹(60〜79年) | 213.松竹(戦後小津作品) | 220.東宝映画(戦前) | 221.東宝(46〜59年) | 222.東宝(60〜79年) | 223.東宝(戦後黒沢作品) | 224.東宝(戦後成瀬作品) | 225.新東宝映画 | 230.日活映画 | 240.大映(~59年) | 241.大映(60年~71年) | 250.東映映画 | 260.日本映画(独立系) | 281.日本映画(80-95年) | 282.日本映画(96-99年) | 283.日本映画(00年代) | 284.日本映画(10年代) | 310.アメリカ映画(戦前) | 320.アメリカ映画(46〜49年) | 321.アメリカ映画(50~54年) | 322.アメリカ映画(55~59年) | 330.アメリカ映画(60年代) | 340.アメリカ映画(70年代) | 360.アメリカ映画(80年代) | 361.アメリカ映画(90-93年) | 362.アメリカ映画(94-95年) | 363.アメリカ映画(96-98年) | 364.アメリカ映画(99年) | 365.アメリカ映画(00年) | 366.アメリカ映画(01-02年) | 367.アメリカ映画(03-09年) | 368.アメリカ映画(10年代) | 420.イギリス映画(~69年) | 421.イギリス映画(70年~) | 430.フランス映画(〜69年) | 431.フランス映画(70年〜) | 440.イタリア映画 | 450.ヨーロッパ映画 | 490.中国・台湾・韓国映画 | 499.その他の国々の映画 | 510.スタンダード音楽 | 520.オールディーズ | 530.ポップス70年代 | 540.ポップス80年以降 | 550.ロック | 600.アメリカ音楽 | 630.ラテン音楽 | 670.ヨーロッパ音楽 | 700.クラシック音楽 | 750.現代音楽 | 790.サウンドトラック | 800.歌謡曲演歌 | 910.ミステリ(国内文学) | 911.ミステリ(海外文学) | 912.ミステリ(国内ドラマ) | 913.ミステリ(米ドラマ) | 914.ミステリ(英ドラマ) | 920.シャーロック・ホームズ | 930.ミス・マープル | 940.エルキュール・ポワロ | 945.アガサ・クリスティ | 950.エラリー・クイーン | 970.アイドル60年代 | 971.アイドル70年代 | 972.アイドル80年代 | 999.落語、浪曲、講談 | ☆オーディオドラマ | ☆朗読 | ☆朗読(ミステリ) | ☆朗読(時代劇) | アニメ・コミック | ギャンブル | ゲーム | スポーツ | ニュース | パソコン・インターネット | ラジオ・オーディオ | 学問・資格 | 心と体 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 書籍(映画・音楽) | 音楽