ブログの移転先

カテゴリー

ココログ検索


  • ラジオデイズ

    声と語りのダウンロードサイト!


  • Google
無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

ウェブページ

学問・資格

2009.10.27

Mayoral election

Oct. 24, 2009

The mayoral election will be held tomorrow.

My friend is running for mayor.

He was a classmate when we were in high school.

He is in the running since he resigned the presidency of an IT company.

I wish him to win the election somehow.

But there are three names on the ballot.

The incumbent mayor is a particularly strong rival candidate.

He has been elected twice in a row and is recommended by Democratic Party of Japan, which is in power.

On the other hand, my friend is supported by a small opposition party "Your Party" which only has five Diet members.

I am praying to God to give him a miracle.


Oct. 27, 2009

I talked about my friend running for Mayor in a previous entry.

The election was held on Oct. 26.

It was cold and cloudy, so I supposed that there would be a low voter turnout.

In such a condition, the incumbent has an advantage.

I was very anxious that the fight ended at a blow in a knockout and my friend would be unable to get back on his feet.

The ballot counting began.

The turnout rate was only 31.5% !

However the two candidates were still neck and neck when 88% of the votes had been counted.

Finally, the incumbent mayor won the election with 164,030 votes.

He has been elected three times in a row.

I felt very sorry that my friend was defeated even though he had received 156,178 votes.

But the difference was no more than 8000.

He gave the incumbent a run for his money.

I am sure that he will run for the Upper House next year and maybe win the race.

Man is not made for defeat.

Run for Diet member !

"Nice try" , "Good job," were what my acquaintances praised my friend the next day.

I am very proud of my friend. He is very ambitious.

2008.04.14

NHKテレビ語学講座

英語以外の今期の語学講座第一回と第二回を、ビデオで見た。

ロシア語は再放送だ。
アナスターシャや小林恵美に変わるタレントを調達できなかったのだろう。
でも正解だと思う。無理に新放送を撮る必要はない。

アラビア語も再放送。
師岡エルサムニーは、相変わらず知的美人だ。
芸能界唯一のアラビア通・柳家花緑は、いったい何年間アラビア語を学んでいるのか。


他の言語は今年からの新放送である。
タイトルも「テレビで○○語」と、変わった。
それぞれ見ていこう。


フランス語・・二人の講師が文法と発音を分担しているのだが、気に入らない。
男の先生(文法担当)は必要ない。
Jessyは、色気むんむんでいいのだが・・

ドイツ語・・出演陣の演技力は期待できないのだから、芝居仕立ては止めた方がいいと思う。
ドイツ人女性ユリアーネさんもいまいち。
イケメン・夏目ナオキを目当てにする、奥様族をターゲットにしているだろう。
でもそういうおばちゃんが、ドイツ語を学ぶ気になるかな

中国語・・結婚を前にして、小池栄子のやる気が感じられない。
スキットに出てくる中国人俳優も全く気に入らない。
しかし、ローラ・チャンが可愛いから、すべて許す。

ハングル・・第一回からモデルのノーマ(一応、日本側のタレント)がふてくされていて、全くやる気を感じさせない。
何かあって、すねているのか。
すると早速、第二回から修正が入った。
彼女の台詞が突然、佐賀弁(?)になった。これで少し柔らかくなった。
メイクも柔らかくなった。
しかし、標準語を普通にしゃべれないタレントに、ハングルを教えてどうするのか(笑)
先生のアシスタント役・金景太は、日本人を母親に持つ俳優。
イケメンで、自ら韓国家庭料理も作ってしまう。
韓流マニアのハートをがっちりつかんだに違いない。

イタリア語・・前半に中級編を持ってきて、後半から初級編をやる変則プレー。
しかしギャップが大きすぎて、つまらない。

スペイン語・・アンヘラさんとベゴーニャちゃんのツートップは、なかなかいい。
福島先生(神戸外大)のべたなノリも相変わらずで、番組としてはもっとも楽しい。


というわけで、今年のオススメもスペイン語講座だ。
ゴガクル・スペイン語講座

ラジオは、フラ語が面白そうだ。
だじゃれがどぎつい明治の清岡が登場。
レナ・ジュンタが相方だ。
美人だが、不思議なファッションセンスだ。
果たして何歳なのか。

ラジオのロシア語は新放送だ。
エースの黒田先生が登板。
明治大学では英語教師にさせられて、いつの間にか辞めていた。
まあ、明治でロシア語って感じはしない。
黒田先生も清岡みたいにロマンス諸語を選択していれば、安定した生活ができたものを。

ラジオでは、アラビア語とポルトガル語が再放送。

2007.11.13

フランス映画のシナリオ

仏語学習者のフランス映画リスニングとなると、はじめは字幕かシナリオがいる。

(最初からシャドウイングをするのは、さすがにきつい。)

DVDにはフランス語字幕は付いていないことが多い。

シナリオを探してググると、欧明社が出てきた。

欧明社ホームページ

この中に

シナリオのページ

がある。
量は多くないが、誰もが知っている作品ばかりだ。

在庫確認・注文方法はホームページからメールで。
送金方法はちと古いが、郵便振込か銀行振込だ。

CD/DVDも扱っている。
CD/DVDのページ
他にも有用な情報がいっぱい。

映画シナリオ160本から拾った口語辞典は次のものがある。


ちなみにフランス語専門サイトはここを。
フランス映画通信

2007.11.08

フランス語入門2

フランス語教材で最近のヒット作は、この「DVDで入門フランス語」(白水社)。

附属のDVDで字幕をオンオフしながら、ごく初歩のフランス語会話を楽しめる。

映像を切って、会話の文章だけシャドーイングも出来るようになっている。

スピードは遅め。

筋書きは日本に留学していたアンヌ・マリーが、久しぶりに帰郷してフランス各地を回り、フランスの良さを再認識して日本へ再び旅立つまで。

アンヌ・マリー役の女性は女優だろうか?それにしてはかなり下手だが、素人にしては器用な方だ。

顔はとくに美人ではないが、繰り返し見ていると、自分の彼女のように親しみを感じてしまうから不思議。

フランス女性のフランス語って、美人でなくても、言葉遣い(とくに鼻母音)を聞いているだけで、気持ちよくなってくるのだ。

テキストは値段の割に文法事項が不足していたり、動詞の活用が少なかったり、発音が少なかったり、登場人物に黒人がほとんど出てこなかったりと、もの足りないことが多い。

しかし、フランス語のDVD教材はまだ少ない。
最初だから、仕方ないだろう。(2005年初版)

白水社自身が改訂版を出したり、他社が追随することに期待する。

2007.10.27

フランス語入門以前

フランス映画のリスニングのためにフランス語を再開したと言ったが、その前に聖典ともいうべき重要な本を紹介しておきたい。
ともに外国語学習者のために書かれた新書である。
外国語を学習する以前に読むと効果的だ。

一冊は今から二十年前ほどに出た「外国語学習法」(東京外大名誉教授)千野栄一著、岩波新書。
英語やフランス語に限らず、外国語学習の前に読むべき本だ。
実は、当たり前のことしかおっしゃっていない。
しかし、「おっしゃる通り」なのだ。
こういう当たり前のことを気づかない人が、NOVAなどの不良英会話学校に騙されるのだ。
駅前で留学なんか出来るわけがないのである。

次は最近出た本、「おじさん、語学する」早稲田大学教授の塩田勉著、集英社新書。
この本はフランス語を話さなければならなくなった初老の紳士の奮闘記である。
計画的に合理的に戦略を選択して目標に到達している。

実話に基づいているとはいえ、これはフィクションである。
かようにうまくいく人は少ないと思う。
また最終目標がネイティブとのスピーキングであり、上の「外国語学習法」と比べて、かなり高度に限定されている。

それでもこの本を推薦するのは、小学生の頃、遠山拓先生の「関数を考える」を読んで得た感動、また後に小林秀雄「本居宣長」を読んで得た感銘が甦ったからだ。
語学の方法論だって根本は、他の科学と共通していることを今さらながら思い知らされた。

番外編・発音なんて気にしない、古典語を学習するためならば、文庫だがシュリーマンの「古代への情熱」がひとまず良いでしょう。

2007.10.19

Understand の語源

Understandは何故、「下に立つ」なのに、「理解する」になるのか?

中一の甥に聞かれて、うーんと考え込んでしまった。
早速、英和語源辞典を読む。
understandan という古英語から来ているが、「何故、下に立つと理解できるのか不明である」とある。
埒が明かないので、オクスフォード英英辞典を見るが、語源は載ってない。

独和辞典で、理解する「verstehen」(非分離動詞)を見る。stehenは英語のstandである。
しかしこれも何故、ver(代理)が接頭辞なのか、よくわからない。
フランス語だと理解するはcomprendreだが、これは英語のcomprehendのカウンターパートである。

仕方なく、インターネットで検索する。
online etymology dictionaryによると、なかなか面白いことが書いてあった。

まぼろしの印欧語を使って、語源を解説している。
この説が気に入った。

英単語まんだらという本がある。
よくわかってない言語である、印欧語をベースに語彙のネットワークを増やそうと言う本だ。
ギリシャ語源とラテン語源とを、統一して扱えるのがミソ。
言語学者ではないのだから、印欧語がどういう言葉だったかなんて問題ではない。
それを種に頭の中で、語彙の連想ができればいいのである。

素人から見れば、語源とはそういうものなのではなかろうか。

2007.10.16

フランス語入門1

映画とは関係ありませんが、フランス語を始めたくなりました。
沢尻エリカ様騒動でかえって、エリカ様を信奉するようになったのです。
(彼女のお母さんは、アルジェリア系フランス人です。)
始めるといっても、学生時代に第三外国語でとっていたので、約25年ぶりの再会です。

目標は、映画のセリフが聞きとれるようになることです。
それほど長生きする気もないので、最低でもエディット・ピアフやフランソワーズ・アルディの歌詞の意味が分かればいい。

以前は苦にしなかった、Rの発音が今ではできない。
病気で神経がダメになっているせいですが、これにはまいりました。

おかげで、発音の教科書から始める羽目になりました。
この本は値段は高いし、発音を全て抑えているわけではない。
しかし何度も繰り返すほどに、味わいが出てきます。

Rはまだ苦手です。
やりすぎると咽頭ガンになるんじゃないかと思ってしまう。
しかしこの本のおかげで、以前はあまり意識していなかった鼻母音や、何種類もあるeuの発音を使い分けるようになりました。

次の本も買ったけれど、CDが歪んでいて、鳴らなかった。

幅広くやりたいのなら、後者をすすめます。
要点だけ押えたいのであれば、前者を繰り返すことをすすめます。

その他のカテゴリー

210.松竹映画(戦前) 211.松竹(46〜59年) 212.松竹(60〜79年) 213.松竹(戦後小津作品) 220.東宝映画(戦前) 221.東宝(46〜59年) 222.東宝(60〜79年) 223.東宝(戦後黒沢作品) 224.東宝(戦後成瀬作品) 225.新東宝映画 230.日活映画 240.大映(~59年) 241.大映(60年~71年) 250.東映映画 260.日本映画(独立系) 281.日本映画(80-95年) 282.日本映画(96-99年) 283.日本映画(00年代) 284.日本映画(10年代) 310.アメリカ映画(戦前) 320.アメリカ映画(46〜49年) 321.アメリカ映画(50~54年) 322.アメリカ映画(55~59年) 330.アメリカ映画(60年代) 340.アメリカ映画(70年代) 360.アメリカ映画(80年代) 361.アメリカ映画(90-93年) 362.アメリカ映画(94-95年) 363.アメリカ映画(96-98年) 364.アメリカ映画(99年) 365.アメリカ映画(00年) 366.アメリカ映画(01-02年) 367.アメリカ映画(03-09年) 368.アメリカ映画(10年代) 420.イギリス映画(~69年) 421.イギリス映画(70年~) 430.フランス映画(〜69年) 431.フランス映画(70年〜) 440.イタリア映画 450.ヨーロッパ映画 490.中国・台湾・韓国映画 499.その他の国々の映画 510.スタンダード音楽 520.オールディーズ 530.ポップス70年代 540.ポップス80年以降 550.ロック 600.アメリカ音楽 630.ラテン音楽 670.ヨーロッパ音楽 700.クラシック音楽 750.現代音楽 790.サウンドトラック 800.歌謡曲演歌 910.ミステリ(国内文学) 911.ミステリ(海外文学) 912.ミステリ(国内ドラマ) 913.ミステリ(米ドラマ) 914.ミステリ(英ドラマ) 920.シャーロック・ホームズ 930.ミス・マープル 940.エルキュール・ポワロ 945.アガサ・クリスティ 950.エラリー・クイーン 970.アイドル60年代 971.アイドル70年代 972.アイドル80年代 999.落語、浪曲、講談 ☆オーディオドラマ ☆朗読 ☆朗読(ミステリ) ☆朗読(時代劇) アニメ・コミック ギャンブル ゲーム スポーツ ニュース パソコン・インターネット ラジオ・オーディオ 学問・資格 心と体 映画・テレビ 書籍・雑誌 書籍(映画・音楽) 音楽